取扱・出版アーティスト / 田中朝子 - Asako Tanaka

蔡國強 Cai Guo-Qiang



solo exhibition “万華鏡 Kaleidoscope” view at Gallery Nomart, 2001


「万華鏡 #1 / Kaleidoscope #1」2001


「万華鏡 #2 / Kaleidoscope #2」2001


「万華鏡 #3 / Kaleidoscope #3」2001


「Kaleidoscope (poster)」2001


「胎動 II - 記録・編集 / Fetus Movement II - Works of Edition」1992


「胎動 II / Fetus Movement II」1992


「胎動 II / Fetus Movement II」1992


「胎動 II / Fetus Movement II」1992


「胎動 II / Fetus Movement II」1992

略歴 | Biography


1957

中国福建省泉州市生まれ

1985

上海演劇大学卒業

1986

日本に滞在 (〜'95)

1995

ニューヨークに移住

個展

1987

日本外国人記者クラブ, 東京

1989

「作品展1988-89」 大阪府立現代美術センター, 大阪

1991

「原初火球 ̶ The Project for Projects 」 P3 art and environment, 東京

1992

「嘆きの壁 ̶ 400台の自動車のエンジンより」 かわさきIBM 市民文化ギャラリー, 神奈川

1993

「Project for Extraterrestrials No.10: 万里の長城を一万メートル延長するプロジェクト」
  嘉峪関, 中国

1994

「混沌」 世田谷美術館, 東京

 

「炎について」 東京画廊, 東京

 

「Project for Extraterrestrials No.14 : 地平線 ̶ 環太平洋より」 いわき, 福島

 

「環太平洋より」 いわき市立美術館, 福島

 

「生命暦」 APAギャラリー, 名古屋, 愛知

1996

「キノコ雲のある世紀 ̶ Projects for 20th Century 」
 ネヴァダ核実験場 / ソルト・レイク / ニューヨーク, アメリカ

1997

「文化大混浴 ̶Projects for 20th Century 」 クイーンズ美術館, ニューヨーク, アメリカ

 

「飛龍在天」 ルイジアナ近代美術館, デンマーク

1998

「不破不立 ̶ 引爆台湾省立美術館」 台湾省立美術館 (現・国立台湾美術館), 台中, 台湾

 

「胡思乱想」 誠品画廊, 台北, 台湾

1999

「私は千年虫」 クンストハーレ・ウイーン, オーストリア

2000

「階段をのぼる」 第69連隊武器庫 (アーモリーショー), ニューヨーク, アメリカ

 

「The Project for Projects」 カルティエ現代美術財団, パリ, フランス

2001

「アーティスティック・デレクション上海 APEC 花火プロジェクト」 上海, 中国

 

「随意の歴史」 リヨン現代美術館, リヨン, フランス

 

「万華鏡」 ノマルエディション・プロジェクト・スペース, 大阪

 

「印象油絵ドローイング」 チャールズ・H・スコット・ギャラリー, バンクーバー, カナダ

 

「水墨写生実演」 コンテンポラリー・アート・ギャラリー, バンクーバー, カナダ

2002

「空霊の花」 トレント市立現代美術館, トレント, イタリア

 

「動く虹」 ニューヨーク近代美術館, ニューヨーク, アメリカ

 

「蔡國強の茶室̶岡倉天心へのオマージュ」 箱根 彫刻の森美術館, 箱根

 

「蔡國強芸術展」 上海美術館, 上海, 中国

2003

「空にある鷲と目と人間 - シワのための凧揚げプロジェクト」 シワ, エジプト

 

「空の光輪 - セントラルパークのための爆発プロジェクト」
 クリエイティブタイム, ニューヨーク

 

「爆発事件 ̶ セントラルパーク空の光輪 」 アジアソサエティー美術館, ニューヨーク, アメリカ

 

「Matrix 204/蔡國強 - For Your Pleasure」 カリフォルニア大学バークレー美術館, アメリカ

2004

「Inopportune」 マサチューセッツ現代美術館, ノース・アダムス, アメリカ

 

「トラベラー」 スミソニアン博物館, ワシントン DC, アメリカ

 

「金門トーチカ雕堡芸術館 - 18の個展」」 金門島, 台湾

2005

「トルネード - 中国文化年のための爆発プロジェクト」
 ケネディ芸術センター, ワシントン DC, アメリカ

 

「キュレーション UMoCA / 橋下現代美術館 馬文個展「風園」」
 アルテ・コンティニュア, コッレ・ディ・ヴァル・デルザ, イタリア

 

「暗黒の中の生命」 フルーツマーケット・ギャラリー, エジンバラ, スコットランド

 

「パラダイス」 ザハタ・ナショナルギャラリー, ワルシャワ, ポーランド

 

「黒い虹」 バレンシア現代美術館, バレンシア, スペイン

 

「On Black Fireworks」 バレンシア現代美術館, バレンシア, スペイン

2006

「コンセプト&ビジュアルデレクション「ウインド シャドー」」
 Cloud Gate Dance Theater of Taiwan, 台北, 台湾

 

「Head On」 ドイツ・グッゲンハイム, ベルリン, ドイツ

 

「Long Scroll」 ナショナルギャラリー・オブ・カナダ・シャウィニガン・スペース, カナダ

 

「透明記念碑」 メトロポリタン美術館, ニューヨーク, アメリカ

 

「ステージ」 ガレリア・コンティニュア, コッレ・ディ・ヴァル・デルザ, トスカーナ, イタリア

 

「Inopportune」 サイトサンタフェ, ニューメキシコ州, アメリカ

2007

「時光」 資生堂ギャラリー, 東京

2008

「第7回ヒロシマ賞受賞記念 蔡国強展」 広島市現代美術館, 広島

 

「黒い花火ーヒロシマのためのプロジェクト」 広島市現代美術館, 基町環境護岸, 広島

 

「蔡國強:我想要相信 ̶ Cai Guo-Qiang: I Want to Believe」 中国美術館, 北京, 中国

 

「蔡國強:我想要相信 ̶ Cai Guo-Qiang: I Want to Believe」
 グッゲンハイム美術館, ニューヨーク, アメリカ

2009

「蔡國強:我想要相信 ̶ Cai Guo-Qiang: I Want to Believe 」
 グッケッンハイムビルバオ, スペイン

 

「蔡國強:泡美術館 - 美術館でぶらぶら」 台北市立美術館, 台湾

 

「蔡國強:花開花落」 フィラデルフィア美術館, ファブリックワークショップ美術館
 フィラデルフィア, アメリカ

2010

「蔡國強:農民ダ・ビンチ」 上海外灘美術館, 中国

 

「蔡國強:地中海遊記」 ミュージアム・オブ・モダン・アンド・コンテンポラリー・アート
 ニース, フランス

 

「蔡國強:ヘッドオン」 シンガポール国立博物館, シンガポール (ドイツ銀行主催)

 

「蔡國強:遠行」 パーマネント・ドローイング・インスタレーション
 Ting Tsung and Wei Fong Chao Arts of China Gallery, ヒューストン美術館, アメリカ

 

「蔡国強:陽光そして寂寞」 メキシコ自治大学付属現代美術館, メキシコ

2011

「蜃気楼」 マトハフ・アラブ近代美術館, ドーハ, カタール

2012

「蔡國強:スカイ・ラダー」 ロサンゼルス現代美術館, アメリカ

2013

「Falling Back to Earth」 クイーンズランド州立美術館, ブリスベン, オーストラリア

2014

「九級浪」 上海当代芸術博物館, 中国

2015

「蔡國強展 : 帰去来」 横浜美術館

 

「越後妻有里山現代美術館[キナーレ]特別企画展 「蔡國強 蓬莱山―Penglai / Hõrai」」 新潟

 

「Art Island」 アートフロントギャラリー, 東京

グループ展

1985

「武夷山野外展」 福建省, 中国

 

「上海・福建青年現代美術連合展」 福州市美術館, 福建省, 中国

1989

「'89 多摩川ふっさ野外美術展」「Project for Extraterrestrials No.1: 人類の家」 多摩川, 東京

1990

「第7回 Japan牛窓国際芸術祭」「Project for Extraterrestrials No.5 : 胎動」 牛窓, 岡山

 

「ミュージアムシティ・天神 '90」「Project for Extraterrestrials No.4 :
 私はE.T. ̶ 天神と会うためのプロジェクト」 福岡市役所 / 長浜船溜空地, 福岡

 

「中国明日展」「Project for Extraterrestrials No.3 :
 人類がその45.5億年経った星につくった45個半の隕石クレータ ー」
 プリエール, エクサンプロヴァンス, フランス

1991

「中国前衛美術家展 - 非常口」「Project for Extraterrestrials No.11: 天地悠々」
 三菱地所アルティアム / 香椎操車場跡地, 福岡

 

「アジアの浪 ̶三人展」 東京画廊, 東京

1992

「宇宙樹を探せ ̶アジア現代美術への旅」「火箭史」 埼玉県立近代美術館, 埼玉

 

「テレコミュニケーション時代における美術展」「Project for Extraterrestrials No.12 :
 人類の神話」 ウィーン, オーストリア

 

「カッセル国際美術展 - 他文化との遭遇」「Project for Extraterrestrials No.9 : 胎動II」
 ハン・ミュンデン, ドイツ 1993

 

「野外制作 '93」「文明葬 ̶ 野焚きより」 しがらき陶芸の森, 滋賀

 

「沈黙のエネルギー」「Project for Extraterrestrials No.17 : オックスフォードの彗星」
 オックスフォード近代美術館 / エンジェル・メドウ, オックスフォード, イギリス

1994

「闇中の心」「Project for Extraterrestrials No.21 : 神話 ̶ 射日、青十字 - 美術館のための
 処方箋」 クレラー・ミュラー美術館 / フェリューウェ国立公園・オッテルロー, オランダ

 

「アジアの創造力」「Project for Extraterrestrials No.16 : 地球にもブラックホールがある」
 広島市現代美術館 / 広島市中央公園, 広島

 

「バース芸術祭 - 源泉」「Project for Extraterrestrials No.20 : 地球への梯子を揚げる」
 バース, イギリス

 

「水戸アニュアル '94̶ 開放系」「A Cosmic Diagram : 水戸のための風水プロジェクト」
 水戸芸術館現代美術ギャラリー, 茨城

 

「京を創る '94」「長安からのお祝い ̶平安建都1200年のためのプロジェクト」 京都

 

「亜細亜散歩」「散歩」 資生堂ギャラリー, 東京

1995

「'95 ジュン・アン・ビエンナーレ特別展̶瞑想」「東アジア」 ホーアン美術館, ソウル, 韓国

 

「水の波紋 '95」「橋」 ワタリウム美術館, 東京

 

「第46回ヴェネツィア・ビエンナーレ / トランスカルチャー展」「マルコ・ポーロの忘れ物」
 ヴェネツィア, イタリア

 

「開館記念展 日本の現代美術1985-1995」「東方・三丈塔」 東京都現代美術館, 東京

 

「第1回ヨハネスブルク ビエンナーレ」「Project for Extraterrestrials No.25 :
 制限のある暴力 - 虹」 ヨハネスブルク 発電所 タービンホールビル, 南アフリカ

 

「第51回スクリップスセラミック・アニュアル」「大器未成」
 スクリップス・カレッジ附属ルース・チャンドラ ー・ウィリアムソン・ギャラリー, アメリカ

1996

「天と地の間に̶今日の日本美術展 II」「チンギスハンの舟」
 名古屋市立美術館, 愛知 / タマヨ美術館, メキシコ

 

「ヒューゴ・ボス賞展」「龍が来た! 狼が来た!ーチンギスハンの舟」
 グッゲンハイム美術館ソーホー別館, ニューヨー ク

 

「赤い門」「蔵龍臥虎 ̶真のコレクション: 美術品収蔵庫のためのプロジェクト」
 ゲント現代美術館, ゲント, ベルギー

 

「火の起源と神話̶日中韓のニューアート」「火の用心」 埼玉県立近代美術館, 埼玉

 

「第23回サンパウロ・ビエンナーレ ユニバーサリス 」「ドーム ̶Projects for 20th Century」
 サンパウロ, ブラジル

 

「アジア・太平洋現代美術トリエンナーレ」「龍 / 虹の蛇 ̶ 祝福或いは畏懼された神話」
 クイーンズランド・アートギャラリー, ブリズベン, オーストラリア

 

「20世紀の廃墟の中で」「カニの家 ̶Projects for 20th Century 」
 P.S.1, ニューヨーク, アメリカ

1997

「移動する都市」「赤いゴルフ」 ゼセッション, ウィーン, オーストリア
 ボルドー現代美術館, フランス / P.S.1, ニューヨーク, アメリカ ('98)
 ルイジアナ近代美術館, ハンブルク, デンマーク ('99)
 ヘイワード・ギャラリー, ロンドン, イギリス ('99)
 フィンランド現代美術館 キアズマ, ヘルシンキ, フィンランド ('99)

 

「第5回 国際イスタンブールビエンナーレ - 人生、美、翻訳、そしてその他の困難」
 「彼岸」 イスタンブール, トルコ

 

「第47回ベニスビエンナーレ 未来・現在・過去 」「龍が来た !」 ベニス, イタリア

 

「不安なる行為」「有病治病、無病防身」
 シカゴ現代美術館 / サンディエゴ現代美術館, サイト・サンタフェ, アメリカ

 

「亜細亜散歩II 」「天機」 資生堂ギャラリー, 東京

1998

「メルボルン フェスティバルー残跡」 メルボルン, オーストラリア

 

「イッセイ ミヤケ メイキング・スィングズ」 カルティエ現代美術財団 パリ, フランス
 ACEギャラリー, ニューヨーク, アメリカ ('99) / 東京都現代美術館 ('00)

 

「交差」「龍が来た! / 狼が来た!ーチンギスハンの舟」「龍が来た!ーオタワ川より」
 ナショナルギャラリー・オブ・カナダ, オタワ, カナダ

 

「グローバル・ビジョンー90年代のニューアートII」「龍が来た!」
 デステ財団, アテネ, ギリシャ

 

「台北ビエンナーレー欲望場域 」「ゴールデン・ミサイル」「広告城」 台北市立美術館, 台湾

 

「インサイド・アウトーNew Chinese Art」「草船借箭」 P.S.1, ニューヨーク, アメリカ
 サンフランシスコ 現代美術館, アメリカ / サンフランシスコ・アジア美術館, アメリカ ('99)
 モンテレー現代美術館, メキシコ('99) / タコマ美術館, アメリカ
 ヘンリー・アート・ギャラリー, シアトル, アメリカ ('99)

 

「天地の際」[ニューヨークミミズ室]
 バードカレッジ・キュレータ研修センターミュージアム, ニューヨーク, アメリカ

 

「創傷 ̶現代美術における民主主義と義務の履行の間で」
 「分海 ̶Project for Extraterrestrials No.30」 ストックホルム現代美術館, スウェーデン

 

「都市・庭園・記憶」 ローマ・フランス・アカデミー, ローマ, イタリア ('99, '00)

1999

「第3回アジア・太平洋現代美術トリエンナーレ - Beyond The Future」「渡橋」
 クイーンズランド・アートギャラリー, ブリズベン, オーストラリア

 

「クンストヴェーゲン」「天窓」 ノルトホルン市ギャラリー, ドイツ

 

「時代精神」[2000年の鐘] ボン美術館, ボン, ドイツ

 

「アート・ワールド・イン・ダイアログ」「神を信じない世紀」
 ルードヴィヒ美術館, ケルン, ドイツ

 

「ヒリヤ・イン・ザ・ミュージアム」「ヒリヤごみ山改造計画」
 テルアビブ美術館, テルアビブ, イスラエル

 

「第3回サンタフェトリエンナーレ - Looking for a Place」「灯塔」
 サイト・サンタフェ, ニューメキシコ, アメリカ

 

「第48回ベニスビエンナーレーAPERTO over ALL」「ベニス収租院」 ベニス, イタリア

 

「パノラマ2000」[最後の晩餐をつくる] ユトレヒト中央博物館, オランダ

 

「オープニングS.M.A.K.」「お祝い」 ゲント現代美術館, ベルギー

 

「現代美術の国際的現状」「龍が来た!狼が来た!ーチンギスハンの舟」
 グッゲンハイム美術館 ビルバオ, スペイン

2000

「上海ビエンナーレ ̶ 上海スピリット」「大衆のための自我宣伝」 上海美術館, 中国

 

「オープン・エンドーMoMA2000」「草船借箭」 ニューヨーク近代美術館, アメリカ

 

「メディアシティ・ソウルー国際メディアアートビエンナーレ」「ビッグバン・スモールバン」
 ソウル 市立美術館, 韓国

 

「抵抗の行動」「ビッグバン・スモールバン」
 コルド・ミチェレナ文化センター, ドノスティア・サン・セバスチャン, スペイン

 

「第1回越後妻有アートトリエンナーレ」「DMoCA ドラゴン現代美術館」 津南町, 新潟

 

「第5回リヨンビエンナーレーSharing Exoticism」「文化大混浴」 リヨン, フランス

 

「アートバーゼル31 - Art Unlimited」「龍年」 バーゼル, スイス

 

「第12回シドニービエンナーレ2000」「写生実演」 シドニー, オーストラリア

 

「オーバー・ザ・エッジ」「空中入浴」 ゲント現代美術館, ゲント, ベルギー

 

「大地の安寧」「礼砲」 バーイア現代美術館, サルヴァドール, ブラジル

 

「ホイットニービエンナーレ2000」「あなたの風水は大丈夫か?」
 ホイットニー美術館, ニューヨーク, アメリカ

 

「インサイド・アウト」「水晶塔」
 ナショナル・ギャラリー・オブ・オーストラリア, キャンベラ, オーストラリア

 

「アウトバウンドー90年代の路」「龍が来た!」
 ヒューストン現代美術館, ヒューストン, アメリカ

 

「壁」「万里の長城を一万メートル延長するプロジェクトについて」
 国立歴史博物館, 台北, 台湾

 

「感恩」「921の烙印」 国立台湾美術館, 台北, 台湾

2001

「フロム・フォロー・フィクション」「油絵写生実演」
 カステロ・デ・リボリ現代美術館, トリノ, イタリア

 

「横浜トリエンナーレ2001 - Mega Wave」「花火大会 ̶天より」 横浜, 神奈川

 

「第49回ベニスビエンナーレ」「ビエンナーレのためのサービス」 ベニス, イタリア

 

「ギフト」「勝利のギフトは傷痕 累々」 パラッツォ・パペーセ現代美術センター, イタリア
 スコッツデイル現代美術館, アメリカ ('02) / ブロンクス美術館, アメリカ ('02)

 

「バレンシアビエンナーレ」「焼塔のためのドローイング」 バレンシア, スペイン

 

「ソンスビーグ9 - 位置と焦点」「画家のよう、絵のよう」 アーネム, オランダ

 

「イン・メイ現代ダンスのための視覚と環境デザイン - 「分裂」」
 セントマーク教会, ニューヨーク, アメリカ

2002

「到着」「今宵はこんなにきれい」 カルティエ現代美術財団, パリ, フランス

 

「第1回広州トリエンナーレ 解読̶中国実験芸術の十年」「万華鏡 ̶タイムトンネル」
 広東美術館, 広州, 中国

 

「第3回モントリオール ビエンナーレ」「印象油絵ドローイング ̶動く虹」
 モントリオール, カナダ

 

「ザ・ギャラリー・ショー」「マネーバッグ」
 ロイヤルアカデミー・オブ・アート, ロンドン, イギリス

 

「マグネットートスカーナの海外アーティスト」
 ルイジ・ペッチ現代美術センター, ピストイア, イタリア

 

「とかち国際現代美術展デメーテル」「天空にあるUFOと社」 帯広競馬場, 帯広

 

「美術の力」「青い龍」「九十九の黄金船」 兵庫県立美術館, 神戸

 

「赤い大陸 - 中華」「夢」 光州市立美術館, 光州 , 韓国

 

「ev+ a 2002」「逆流」 リメリック市立ギャラリー, リメリック, アイルランド

 

「Mミーティング」「蜘蛛の巣」 浙江省立図書館, 杭州 , 中国

 

「癒しのアート」「灸療法 ̶アフリカのために」
 アペックス・アートギャラリー, ニューヨーク, アメリカ

 

「関係の必要性」「万華鏡」 トレント市立現代ギャラリー, トレント, イタリア

 

「描かない絵」「階段をのぼるためのドローイング」 ライプツィヒ美術館, ドイツ

2003

「Drawing Show」 フロリダ大学, ゲインズビル, フロリダ, アメリカ

 

「英雄の時代ー近代名作美術館 200の絵画・彫刻作品」 ヒューストン美術館, アメリカ

 

「そして、中国へ?」 ポンピドゥー・センター, パリ, フランス

 

「鼓動、アート、癒し、そして変容」「有病治病、無病防身」 ICAボストン, アメリカ

 

「何処かもっとよい所」[文化大混浴]
 シンシナティ現代美術センター, シンシナティ, アメリカ

2004

「紅星飛蝶 ̶ アジア文化協会40周年のためのプロジェクト」
 リンカーンセンター, ニューヨーク, アメリカ

 

「逆転の過去 」「空で山水画を描く」 サンディエゴ美術館, アメリカ

 

「ミラマー航空ショー」「空で山水画を描く」
 サンディエゴ美術館 / 米海兵隊航空基地, アメリカ

 

「第26回サンパウロ ビエンナーレ」「一路順風」 サンパウロ, ブラジル

 

「天空の下で」「日時計のためのドローイング」 アントワープ現代美術館, ベルギー

 

「ザ・スノーショー」「ワォッカで Zaha Hididを愛撫する」 ロバニエミ, フィンランド

 

「ロッテルダム国際フィルムフェスティバル - Exposing Cinema」「今夜はこんなにきれい」
 ロッテルダム, オランダ

2005

「世界を促進する」「過橋」 クイーンズランド・アートギャラリー, ブリズベン, オーストラリア

 

「壁」「万里の長城を一万メートル延長する ̶外星人のためのプロジェクト」
 中華世紀壇芸術館, 北京 / ニューヨーク州立バッファロー大学アートギャラリー, アメリカ

 

「量子跳」「キノコ雲のある世紀 ̶20世紀のためのプロジェクト」
 ハーバード大学付属美術館カーペンターセンター, ケンブリッジ, マサチューセッツ, アメリカ

 

「トランスレイション」「龍がきた!」 パレ・ド・トーキョー, パリ, フランス

 

「光と影」 キュッパー製粉所美術館, デュースブルク, ドイツ

 

「建物はキュレーションできるか?」「金門バンカー芸術館」
 アート&アーキテクチャー・ストアフロント, ニューヨーク, アメリカ

 

「私的英雄」「空飛ぶ絨毯」 マルタ・ハーフォード美術館, ハーフォード, ドイツ

 

「トレーディング・プレイス」「TVで絵を買う」 台北現代美術館, 台湾

 

「普遍的経験 ̶芸術、人生と旅行者の眼」「ドキュメント フォー 爆発プロジェクト」
 シカゴ現代美術館, アメリカ

 

「夢見る現在」「夢」 ブランディーズ大学ローズ美術館, ウォルサム, アメリカ

2006

「書における現代中国芸術の再創」「和冦 ̶東アジアのためのプロジェクト」
 チャイナ・インスティチュート, ニューヨーク, アメリカ

 

「捕風捉影̶蔡国強と林懐民の風影」 誠品画廊, 台北, 台湾

 

「蘇州博物館新館開館展」「水巷尋夢」 蘇州, 中国

 

「アウト・オブ・タイム」「“動く虹”のためのドローイング」
 ニューヨーク近代美術館, ニューヨーク, アメリカ

 

「エルドラド ̶美術館落成開幕展」「ネット」 ルクセンブルク美術館, ルクセンブルク

2007

「SAM at 75: ビルディング・ア・コレクション・フォー・シアトル」
 シアトル・アート・ミュージアム, アメリカ

 

「アルテンポーWhere Time Becomes Art」 パラッツォ・フォールトゥニ, ベニス, イタリア

 

「ザ・ミュージアム・コレクションーNew Hangings」「一路順風」
 ポンピドゥー・センター, パリ, フランス

 

「60億の犯罪者を人質に!」「黒い花火 ̶ IVAMのためのプロジェクト」
 ウォーホル美術館, ピッツバーグ, アメリカ

 

「Speed Three」 バレンシア現代美術館, スペイン

 

「オブ・ネイチャー・アンド・フレンドシップ - マイケル サリバン コレクション
 中国現代美術絵画」 シアトル・アジアン美術館, シアトル, アメリカ

2008

「ニューオリンズ ビエンナーレ」「黒い花火」 ニューオリンズ, アメリカ

 

「北京オリンピック: ビジュアル・アンド・スペシャルエフェクト・デレクター」
 北京オリンピック開会閉会式典, 北京, 中国

 

「God & Goods: Spirituality and Mass Confusion」 ヴィラ・マニン, コードロイポ, イタリア

 

「Shu:Reinventing Books in Contemporary Chinese Art
 ホノルル アカデミー オブ アーツ, アメリカ

 

「New Ink ArtInnovation and Beyond」 香港芸術美術館

 

「Academia, Qui es-tu?」 La Chapelle de l'Ecole Nationale Supérieure des Beaux-Arts
 パリ, フランス

2009

「第10回ハバナビエナーレ / ミーティングポイント」「ボートのスケッチ」 ハバナ, キューバ

 

「Stages」 ペロタンギャラリー, パリ, フランス
 69th Regiment Armory, ニューヨーク, アメリカ / Deitch Projects, ニューヨーク, アメリカ
 アート・バーゼル・マイアミビーチ, アメリカ

 

「第4回福岡トリエンナーレ」「四季頌歌」 アジア美術館, 福岡

 

「バイク・ライド」 アルドリッチ現代美術館、アメリカ

 

「我が家の天空:中庭の現代芸術̶コルドバの16のパティオ」「動く庭」
 コルドバ公文書館, コルドバ, スペイン

2010

「第17回シドニービエンナーレ The Beauty of Distance:
 Songs of Survival in a Precarious Age」「Inopportune stageⅡ」 シドニー, オーストラリア

 

「XIVインターナショナル・スカルプチャー・ビエンナーレ・オブ・カレラ
 ポスト・モニュメント」「千人の子供がダビデ を描く」 カレラ, イタリア

 

「あいちトリエンナーレ2010 都市の祝祭」 愛知芸術文化 センター, 名古屋, 愛知

 

「Berliner Bilder」 コイドル・クンストハーレ, ベルリン

 

「コレクターズ・チョイス / コレクターズ・ボイス」
 アジアン・アート・ミュージアム, サンフランシスコ, アメリカ

 

「Nuit Electriques」 マルチメディア・アート・ミュージアム, モスクワ, ロシア
 アート・クリエィション・インダストリアル・センター, ヒホン, スペイン

2011

「水・火・大地 創造の源を求めて」 熊本市現代美術館

 

「RegressProgress」
 Centre for Contemporary Art Ujazdowski Castle, ワルシャワ、ポーランド

 

「Invisibleness is Visibleness – International Contemporary Art Collection of a Salaryman
 Daisuke Miyatsu」 Agora Art Project x Space, 台北, 台湾

 

「Windflower, Perceptions of Nature, Kröller-Muller Museum」 オッテルロー, オランダ

2012

「Swept Away: Dust, Ashes, and Dirt in Contemporary Art and Design」
 Museum of Arts and Design, ニューヨーク, アメリカ

 

「Longing for Perfection, 21 Years of Collecting by the Kröller-Müller Museum」
 Kröller-Muller Museum, オッテルロー, オランダ

 

「Extra - Large」 Forum Grimaldi Monaco, モナコ

 

「Dialogues 対話する時間」 世田谷美術館, 東京

2013

「Ink Art: Past as Present in Contemporary China」
 メトロポリタン美術館, ニューヨーク, アメリカ

 

「Portrait of the Times – 30 Years of Chinese Contemporary Art」
 Power Station of Art, 上海, 中国

 

「Mamac 20 ans d'art contemporain」
 Musée d'Art Moderne et d'Art Contemporain, ニース, フランス

 

「White Light/White Heat, Istituto Veneto di Scienze Lettere ed Arti」
 パラッツォ・カヴァッリ=フランケッティ, ヴェネツィア, イタリア

2014

「Ravaged」 M-Museum Leuven, ベルギー

 

「I Look At Things...」 Faurschou Foundation, コペンハーゲン, デンマーク

 

「Vivid Memories」 カルティエ財団現代美術館, パリ, フランス

 

「現代美術のハードコアはじつは世界の宝である展 ヤゲオ財団コレクションより」
 東京国立近代美術館 / 名古屋市美術館 / 広島市現代美術館 / 京都国立近代美術館

 

「Solaris Chronicles, Atelier de la Mécanique」 Campus LUMA, アルル, フランス

 

「China’s Changing Landscape: Contemporary Chinese Ink」
 Nordiska Akvarellmuseet, Skârhamn, スウェーデン

2015

「Heaven and Hell. From Magic Carpets to Drones」
 Boghossian Foundation, ブリュッセル, ベルギー

 

「PARASOPHIA: 京都国際現代芸術祭」 京都市美術館

 

「Scenes for a New Heritage: Contemporary Art from the Collection」
 Museum of Modern Art (MoMA), ニューヨーク, アメリカ

 

「ミラノ・トリエンナーレ Arts & Foods. Rituals since 1851」 ミラノ, イタリア

 

「Harmony and Transition」 Marta Herford, ヘルフォルト, ドイツ

 

「大地の芸術祭 越後妻有アートトリエンナーレ2012」マウンテンパーク津南, 新潟

2016

「古都祝奈良(ことほぐなら)-時空を超えたアートの祭典」東大寺鏡池, 奈良

助成 / 受賞歴

1993

カルティエ現代美術財団アーティスト・イン・レジデンス・プログラムにより
 三ヶ月間パリに滞在

1995

第46回ベニス・ビエンナーレ / トランスカルチャー展 「ベネッセ賞」受賞

 

「日本文化デザイン賞」受賞

1995

ACC(アジアン・カルチュラル・カウンシル)の招待により、
 一年間ニューヨークP.S.1 インターナ ショ ナル・スタジオ・プログラムに参加 (〜'96)

1997

「第1回 織部賞」受賞, 日本

1999

「第48回ヴェネツィア・ビエンナーレ 国際金獅子賞」受賞, イタリア

2001

「アルパート芸術賞」受賞, アメリカ

2005

「国際芸術評論家協会US部門最優秀展覧会および展示賞」
 "Cai Guo-Qiang: Inopportune" 受賞, アメリカ

2007

「第7回 ヒロシマ賞」受賞, 日本

2008

「第3回Art of China Awards」受賞, 中国

2009

「第20回 福岡アジア文化賞」受賞, 日本

2010

「国際芸術評論家協会US部会 公共空間プロジェクト最優秀賞」
 "Cai Guo-Qiang: 花開花落" 受賞, アメリカ

2012

「第24回 高松宮殿下記念世界文化賞」受賞, 日本

2012

「米国国務院芸術勲章」 アメリカ

2015

「Barnett and Annalee Newman Foundation Award」 アメリカ

2016

「Bonnefanten Award for Contemporary Art」 マーストリヒト, オランダ

 

「Asia Arts Award Honoree, Asia Society's Asia Arts Game Changers」 香港

 

「国際交流基金賞」 日本

パブリック・コレクション

Agnes Gund Collection, ニューヨーク, アメリカ
Annie Wong Art Foundation, バンクーバー, カナダ
アストルップ・ファーンリ現代美術館, オスロ, ノルウェー
ポンピドゥー・センター, パリ, フランス
ニューヨーク市, アメリカ
いわき市, 日本
水戸市, 日本
Cleveland Museum of Art, オハイオ, アメリカ
水戸芸術館 現代美術ギャラリー, 日本
電通, カレッタ汐留, 東京, 日本
Deste Foundation, アテネ, ギリシャ
Deutsche Bank Collection, ドイツ
越後妻有, 新潟, 日本
Fabric Workshop and Museum, フィラデルフィア, アメリカ
Faurschou Foundation, コペンハーゲン, デンマーク
Fogg Art Museum, ハーバード大学美術館, ケンブリッジ, アメリカ
Fondation Cartier pour l'art contemporain, パリ, フランス
Fonds National d'art Contemporain and Musee art contemporain Lyon, フランス
福岡アジア美術館, 日本
Glory Fine Arts Museum, 新竹市, 台湾
Graphische Sammlung Albertina Wien, ウィーン, オーストリア
広東美術館, 広州市, 中国
ハースト・コーポレーション, ニューヨーク, アメリカ
Hirshhorn Museum and Sculpture Garden, Smithsonian Institution, ワシントン D.C., アメリカ
Ho-Am Art Museum, ソウル, 韓国
株式会社イッセイミヤケ, 日本
いわき市立美術館, 福島, 日本
国際交流基金, 東京, 日本
クレラー・ミュラー美術館, オッテルロー, オランダ
The Long Museum, 上海, 中国
ルイジアナ近代美術館, Humlebaek, デンマーク
M+ Museum of Visual Culture, Kowloon, 香港
MARTa Herford, Herford, ドイツ
Massachusetts Institute of Technology, List Visual Art Center, ケンブリッジ, アメリカ
メトロポリタン美術館, ニューヨーク, アメリカ
ストックホルム近代美術館, スウェーデン
森美術館, 東京, 日本
Museo Navale di Venezia, ヴェネツィア, イタリア
Museu de Arte Moderna da Bahia, Salvador, ブラジル
ロサンゼルス現代美術館, アメリカ
東京都現代美術館, 日本
ヒューストン美術館, アメリカ
ニューヨーク近代美術館 (MoMA), ニューヨーク, アメリカ
埼玉県立近代美術館, 日本
Naoshima Contemporary Art Museum, 直島, 日本
カナダ国立美術館, オタワ, カナダ
Peter and Irene Ludwig Foundation, アーヘン, ドイツ
Power Long Art Museum, 上海, 中国
上海当代美術博物館, 上海, 中国
Qatar Museums Authority, ドーハ, カタール
クイーンズランド州立美術館, ブリスベン, オーストラリア
クィーンズ・ミュージアム・オブ・アート, ニューヨーク, アメリカ
Rockbund Art Museum, 上海, 中国
サンディエゴ美術館, アメリカ
シアトル美術館, アメリカ
世田谷美術館, 東京, 日本
滋賀県立陶芸の森, 信楽, 滋賀, 日本
株式会社資生堂, 東京, 日本
グッゲンハイム美術館, ニューヨーク, アメリカ
Städtische Galerie Nordhorn, Nordhorn, ドイツ
ゲント市立現代美術館, ゲント, ベルギー
国立台湾美術館, 台中, 台湾
高松市美術館, 香川, 日本
テート コレクション, ロンドン, イギリス
朱鷺メッセ:新潟コンベンションセンター, 新潟, 日本
浙江美術館, Zhejiang, 中国