取扱・出版アーティスト / 中川佳宣 - Yoshinobu Nakagawa

中川佳宣 Yoshinobu Nakagawa


1987年の初個展から現在まで、一貫して植物、大地、水面といった自然界の有機的な姿、形をモティーフにした作品を制作。能動と受動、光と影、生産と搾取ー自然界の根源的な様は、実は我々を取り巻く世界の本質である事を、立体、平面、インスタレーションなど多様な表現方法をもちい、目に見えるかたち、あるいは感じ取るものとして提示する。
現在は琵琶湖湖畔に拠点をかまえ、精力的に制作活動を続けている。


Nakagawa’s inspiration comes from organic forms such as liquid surface, terra firma, and plants which has been his motif since his first solo exhibition in 1987. He focuses on fundamental aspects in natures such as active and passive, light and dark, production and exploitation which are also the essences of human nature. He depicts these contrasts in his various art forms which range from two dimensional works to large scale installations.
He currently lives near Biwako Lake in Shiga prefecture.


「combination - painting」2015


「surface - 05」2015


「光の根 / Roots of Light」2007


「light pot - basic」2006


「seed on the table 06006」2006


「on the table (the scene of the memory)」2003


「segment (sack) #4」2003


「untitled (segment) #10」2000


「untitled (the sower or arabesque)」2000


「Seed of Cisual Point (in the earth) 3」1992

略歴 | Biography


1964

大阪に生まれる

個展

1987

「冬の壺のアノニム」 番画廊, 大阪

 

「thou art the sky...」 ギャラリー白, 大阪

1988

「俯くピアニスト」 番画廊, 大阪

 

「果実あつめ」 ギャラリービュウ, 大阪

1990

「1/4の森」 信濃橋画廊, 大阪

 

「1/4の森」 番画廊, 大阪

1991

「頁、果実、あるいはオムニバス」 ギャラリーKURANUKI, 大阪

 

「1/4の森」 ノブギャラリー, 岡崎, 愛知

1992

「劇場のseed」 AD&A ギャラリー, 大阪

 

「卓上のseed」 ギャラリービュウ, 大阪

1993

「卓上のseed」 みやざき画廊, 大阪

 

「卓上のseed」 イトーキ銀座ニューオフィスギャラリー, 東京

1994

「種の視点・農夫の目」 京都市四条ギャラリー

 

「種の視点・農夫の目」 ウーファー・ギャラリー, 京都

 

「種の視点・農夫の目」 ヒロチカシゲギャラリー, 岡山

 

「種の視点・農夫の壺」 ノブギャラリー, 岡崎, 愛知

1995

「種の視点・農夫の目」 資生堂ギャラリー, 東京

1996

「卓上のseed」 ノブギャラリー, 岡崎, 愛知

 

「農夫の壺」 ノブギャラリー, 岡崎, 愛知

1997

ギャラリーGORO, 大阪

 

キュービックギャラリー, 大阪

 

「farmer's pot」 ギャルリエ・アンドウ, 東京

1998

ギャルリーユマニテ, 名古屋, 愛知

 

ギャルリーユマニテ, 東京

 

ノブギャラリー, 岡崎, 愛知

1999

キュービックギャラリー, 大阪

 

ギャルリエ・アンドウ, 東京

 

Alley Culture, デトロイト, アメリカ

2000

「farmer's pot」 ノマルエディション/プロジェクト・スペース, 大阪

 

ヒロチカシゲ ギャラリー, 岡山

 

「segment」 ノブギャラリー, 岡崎・愛知

2001

「segment」 ギャルリエ・アンドウ, 東京

 

「Farmart's pot」 タグチファインアート, 東京

2002

「the surface of the water」 O ギャラリー eyes, 大阪

2003

「on the table」 タグチファインアート, 東京

 

「on the table」 ノマル・プロジェクトスペース cube & loft, 大阪

2006

「stalk」 タグチファインアート, 東京

 

「光の壺」 ノマル・プロジェクトスペース cube & loft, 大阪

2007

「roots - 光の根」 ノマル・プロジェクトスペース cube & loft, 大阪

2008

「内包」 タグチファインアート, 東京

 

「root - 光の根」 マサヨシスズキギャラリー, 岡崎, 愛知

 

「Ridges - 畝あるいは稜線」 信濃橋画廊, 大阪

2009

「卓上の畝」 タグチファインアート, 東京

2011

「卓上の種」 タグチファインアート, 東京

2013

「萌芽」 タグチファインアート, 東京

2015

「原器 Origin / Figure」 ギャラリーノマル, 大阪

 

「初期作品」 タグチファインアート, 東京

 

「ノート」 タグチファインアート, 東京

 

「Book of days」 大阪芸術大学図書館

グループ展

1986

「Art Exhibition」 大阪芸術大学

 

「Art Exhibition」 京都市立芸術大学

 

「Bird Plan」 ギャラリー白, 大阪

 

「多様性の構築」 石橋美術館, 久留米, 福岡

1987

「私的な精神」 大阪府立現代美術センター

 

「NEW FACE」 ギャラリービュウ, 大阪

 

「YES ART DERUXE」 佐賀町エキジッビト・スペース, 東京

 

「もう一つの版画」 信濃橋画廊, 大阪

1988

「NEO GRAFICA '88」 ギャラリー白, 大阪

 

「シルクスクリーンの現在」 アートスペース嵯峨, 京都

 

「日韓版画交流展」 国立美術会館, ソウル, 大韓民国

 

「YES ART 7」 ギャラリー白, 大阪

 

「reference」 ギャラリー射手座, 京都

 

「elan vital, アウラの杼機」 ギャラリー白, 大阪

1989

「封じ込められたムーブメントと動き出すシーン」 天野画廊, 大阪

 

「NEO GRAFICA '89, 接触への意志」 ギャラリー白, 大阪

 

「第5回 吉原治良賞美術コンクール展」 大阪府立現代美術センター

 

「TSUKASHIN ANNUAL '89, 浮遊体—イマージュ空感」 西武美術館つかしんホール, 尼崎, 兵庫

 

「誘惑するタブロー」 ギャラリー白, 大阪

 

「吉原治良賞の6人展」 信濃橋画廊, 大阪

 

「次代を担う作家」 京都府立文化芸術会館

 

「ARMS—芸術の腕」 ハイネケン・ビレッジ・ギャラリー, 東京

 

「AC '89, 予兆の現在」 京都芸術短期大学・ギャラリー楽

 

「ART JUNCTION」 阪急百貨店ウィンドーギャラリー, 京都

 

「サガ・アートフォーラム」 嵯峨美術短期大学, 京都

 

「版から/版へ—京都1989」 京都市美術館

 

「いの町紙のことば展」 伊野町紙の博物館, 高知

 

「TAKE ART COLLECTION」 スパイラルガーデン, 東京

 

「YES ART 8」 ギャラリー白, 大阪

1990

「NEO GRAFICA '90, 待機のオルガノン」 ギャラリー白, 大阪

 

「第18回日本国際美術展」 東京都美術館

 

「MAXIGRAPHICA '90, うつすものたち」 ハイネケン・ビレッジ・ギャラリー, 東京

 

「第18回日本国際美術展」 京都市美術館

 

「YES ART 9」 ギャラリー白, 大阪

 

「TAKE ART COLLECTION」 スパイラルガーデン, 東京

 

「1990・8人」 ABCギャラリー, 大阪

 

「第43回芦屋市民展」 芦屋市民センター, 兵庫

1991

「主張するオブジェ」 信濃橋画廊, 大阪

 

「SPRING SPECIAL 2 - 2人展」 ギャラリープランタン, 松山, 愛媛

 

「アーティフィシャルな位相」 天野画廊, 大阪

 

「BLACK—黒の表現」 ラ・ピナコテカ TAKI, 大阪

 

「いま絵画は OSAKA '91」 大阪府立現代美術センター

 

「現代美術 '91, 素材はいろいろ」 徳島県立近代美術館

 

「館勝生・中川佳宣2人展」 gallery coco, 京都

 

「アートフェア '91」 大阪府立現代美術センター

 

「ポリクロスアート '91」 高知県郷土文化会館

1992

「ファイバーワーク '92」 ラブコレクションギャラリー, 名古屋, 愛知

 

「秋岡美帆・出原司・中川佳宣」 ヒロチカシゲギャラリー, 岡山

 

「seed/失われていた言葉 - 西村正幸・中川佳宣・浜本隆司」 ウーファー・ギャラリー, 京都

 

「seed/失われていた言葉 - 西村正幸・中川佳宣・浜本隆司」 ノブギャラリー, 岡崎, 愛知

1993

「第2回 国際コンテンポラリーアートフェア NICAF」 パシフィコ横浜, 神奈川

 

「渡辺信明・中川佳宣」 ウーファー・ギャラリー, 京都

 

「90年の日本—13人のアーティストの提言」 フォルクローレ美術館, ローマ, イタリア

 

「90年の日本—13人のアーティストの提言」 デュッセルドルフ市立近代美術館, ドイツ

 

「IMPACT '93」 ギャルリーユマニテ, 東京

 

「版画にこだわる」 番画廊, 大阪

 

「'93 次代を担う作家」 京都府立文化芸術会館

 

「line—循環としてのマトリックス」 クリルタルギャラリー, 大阪

 

「第12回 今立現代美術紙展 '93」 いまだて芸術館, 今立, 福井

 

「Scale & Space vol. 1, 杉浦イッコウ・大平実・中川佳宣」 ノブギャラリー, 岡崎, 愛知

 

「11+11 オリジナル—ドローイング」 ノブギャラリー, 岡崎, 愛知

1994

「ドローイング・ジャム」 ウーファー・ギャラリー, 京都

 

「第7回 名古屋コンテンポラリーアートフェア」 名古屋市民ギャラリー, 愛知

 

「IMPACT '94」 ギャルリーユマニテ, 東京

 

「版画工房ノマル・エディション展」 DCギャラリー, 大阪

 

「ドローイング展」 ギャラリーKURANUKI, 大阪

 

「ART NOW '94, 啓示と持続」 兵庫県立近代美術館, 神戸

 

「冒険美術」 滋賀県立近代美術館, 大津

1995

「開廊記念展, 中川佳宣・笹岡敬、他の作品による空間構成」 キュービックギャラリー, 大阪

 

「版画工房ノマル・エディション展」 シティギャラリー I・M, 大阪

 

「The TREE 2」 笹川平和財団, ワシントン, アメリカ

 

「芸術祭典・京 - 小鳥は大空を想像する, farmer's pot, views of seeds, eyes of farmers」
 元・龍池小学校, 京都

 

「アートヘルメット」 ギャラリー16, 京都

1996

「第1回昭和シェル石油現代美術賞展」 Bunkamura ギャラリー, 東京

 

「植物採集展—光合成の原理」 児玉画廊, 大阪

 

「心を癒す植物—アート・ボタニカル・ガーデン」 目黒区美術館, 東京

 

「Scale & Space vol.4, 土屋公雄・伊藤誠・中川佳宣」 ノブギャラリー, 岡崎, 愛知

1997

「箱・その宇宙」 ギャルリーユマニテ, 東京

 

「箱・その宇宙」 ギャルリーユマニテ, 名古屋, 愛知

 

「触知 身体における触覚的提示」 京都精華大学

 

「Scale & Space vol.5, 11の扉展」 ノブギャラリー, 岡崎, 愛知

1998

「第11回名古屋コンテンポラリーアートフェアー」 名古屋市民ギャラリー, 愛知

 

「Biennale d'Art Contemporain」 ヌメア, ニューカレドニア

 

「Form in Art」 兵庫県立近代美術館, 神戸

 

「11 Prints」 ノブギャラリー, 岡崎, 愛知

 

「渡辺信明・中川佳宣」ウーファーギャラリー, 京都

1999

「Scale & Space vol.6, Bronze Works, Energy of Hand」 ノブギャラリー, 岡崎, 愛知

2000

「Artists 1999-2000」 ノマルエディション/プロジェクト・スペース, 大阪

 

「領域の痕跡」 Oギャラリーeyes, 大阪

 

「Gold Frame」 ノブギャラリー, 岡崎・愛知

 

「2000年展ーアートへの旅ー」 ギャラリーKURANUKI, 大阪

 

「Scale & Space vol.7ー刻」 ノブギャラリー, 岡崎・愛知

2001

「エクステンション・マキシグラフィカ展」 京都市美術館別館, 京都

 

「Scale & Space vol.9-Drawing」 ノブギャラリー, 岡崎・愛知

 

「Scale & Space CUBE Nob Gallery's collaboration with Hillside」
 ヒルサイドギャラリー, 東京

 

「版画工房ノマルエディション展」 海岸通ギャラリーCASO, 大阪

2002

「三河・佐久島アートプラン21ー七福2002展ー」 弁天ギャラリー, 佐久島・愛知

2003

「たがやすように」 和歌山県立近代美術館, 和歌山

2004

「素材の調和というパラドックス」 ギャラリーサンセリテ, 豊橋・愛知

 

「multiples」 ノマルエディション/プロジェクト・スペース CUBE & LOFT, 大阪

 

「Jahresgaben」 ノマルエディション/プロジェクト・スペース CUBE & LOFT, 大阪

2005

「近代日本の美術」 東京国立近代美術館 所蔵品ギャラリー, 東京

2005

「三河・佐久島アートプラン21, 中川佳宣ワークショッププロジェクト」 佐久島・愛知

 

「waterscape」 ノマル・プロジェクト・スペース キューブ & ロフト, 大阪

2007

「BIWAKOビエンナーレ2007 風土-Genius Loci-」 滋賀県近江八幡市旧市街

 

「立体と平面の五重奏」 土屋現代美術画廊, 大阪

2009

「ドローイング—館勝生・中川佳宣・中谷昭雄・浜本隆司・山本修司」 ギャラリー白

 

「Reborn」 ギャラリーノマル, 大阪

 

「所蔵作品展「近代日本の美術」」 東京国立近代美術館

 

「第50回 日本版画協会展 招待出品」 東京都美術館

2010

「ジオメトリック・イメージズ」 東京オペラシティーアートギャラリー

 

「PRODUCT」 ギャラリーノマル, 大阪

2011

「タグチファインア−ト・イン・ケルン」 テンポラリー・ギャラリー・ケルン, ドイツ

2013

「プレイバック・アーティスト・トーク」 東京国立近代美術館

 

「物質(モノ)と美術」 和歌山県立近代美術館, 和歌山

2014

「Favorite Books (59名の“Favorite”展)」 Gallery Nomart, 大阪

2015

「Jahresgaben 2015: Art - Can」 ギャラリーノマル, 大阪

2016

「くまの古道美術展 in 紀伊長島 2016」 三重

2017

「Spring Collection」 ギャラリーノマル, 大阪

パブリック・コレクション

東京国立近代美術館 / 京都市美術館 / 和歌山県立近代美術館
芦屋市立美術博物館, 兵庫 / いまだて芸術館, 福井 / 京都府立文化芸術会館
大阪府 / 大阪芸術大学 / 昭和シェル石油, 東京 / 富士ゼロックス株式会社, 東京
ヤマサ言語文化研究所, 岡崎 / 大分県立美術館