イベント|Event

 

Live Event

Nomart New Year Live

2018.1.6 sat  Open 18:00 / Start 18:30

料金 ¥2,000 /会場:ギャラリーノマル(大阪) > access

出 演

SkyShine [河端一 Makoto Kawabata (Guitar & Synthesizer) + liquidbiupil (OHPライトショー)]
.es [ドットエス:橋本孝之 Takayuki Hashimoto ((Sax, Harmonica,etc) & sara( (Piano) ]


その夜、ギャラリーノマルがサイケデリック亜空間へー
*SkyShine DVD「Message From Cosmic Church」発売記念ツアー


2018年、ギャラリーノマルのオープニング・イベントはー
SkyShine (河端一 Makoto Kawabata + liquidbiupil ) 、
.es(ドットエス:橋本孝之&sara)による2マンショー!

恍惚ギタードローンの開祖 河端一(Acid Mothers Temple)+光の魔術師 liquidbiupilによる音と光のコラボユニット「SkyShine」がギャラリーノマルの空間に描くOHPライトショー&サウンド。本ライブはSkyShineのDVD発売記念ツアー大阪編として開催いたします!

共演はあらゆるジャンルを縦横無尽に横断し、アートとサウンドの間の超感覚を追求する.es(ドットエス:橋本孝之&sara)。ギャラリーノマルの取扱アーティスト.esが本拠地で炸裂する2018ファーストセッションでもあります。

全長10m・天井高7m、ナチュラルエコーが響き渡るホワイトキューブ空間ならではのスペシャルな新春ライブ、ぜひ五感で体験を!

■ イベントのご予約・お問合せ:ギャラリーノマル info(at)nomart.co.jp tel. 06-6964-2323
 



近日開催 展覧会情報

グループ展 Group Exhibition
AllStars
【参加アーティスト】
木村秀樹 / 植松奎二 / 片山雅史 / 中川佳宣 / 中原浩大
伊庭靖子 / 今村源 / 名和晃平 / 稲垣元則 / 田中朝子
豊富春菜 / 渡辺信子 / 藤本由紀夫 / 榎忠 / 永井英男
トーマス・ノイマン / 能勢伊勢雄 / 松井智惠 / 池垣タダヒコ東影智裕 / 張騰遠 / 金村仁 / 韮澤アスカ / 黒宮菜菜

2018.1.13 sat - 2018.2,10 sat

13:00-19:00 日曜休廊




【 SkyShine 】河端一 : Guitar & Synthesizer + liquidbiupil : OHPライトショー

恍惚ギタードローンの開祖河端一と、光の魔術師 liquidbiupilに依る、音と光のコラボユニット「SkyShine」。これは音と光による錬金術か?音と光の曼荼羅を描き、サイケデリック亜空間を現出させる!ブラフマンと合一し、常世の入り口を開け!

河端一 Makoto Kawabata:ギタリスト / マルチ・インストゥルメンタリスト

サイケデリックロックバンド「Acid Mothers Temple」を率い、その轟音超高速ギタリストとして認知される一方、ソロ活動に於いては、弓弾きやグリッサンドギター等を駆使し、恍惚感溢れるギタードローンの開祖としても広く知られる。1978年に自作楽器と電子音による作品を製作発表以来、様々なユニットを結成しては、世界中より膨大な数の作品をリリース、また欧米アジアを中心に精力的にツアーも行い、その活動の全貌把握は困難を極める。Gong、Guru Guru、Silver Apples、Geoff Leigh, Charles Hayward, Nik Turner、Damo Suzuki、Träd Gräs och Stenar 等、サイケデリック・オリジネーター達との合体、Rosina de Peira、Marc Perrone、Andre Minvielle、Beatritz 等、南仏オクシタン・トラッドミュージシャン達との共演をはじめ、その他セッション活動もジャンル問わず多岐に渡る。

liquidbiupil : OHPライトショー

リキッドライトという手法を用いてステージを演出するライトショーユニット。 オーバーヘッドプロジェクターやスライドプロジェクターを駆使して投射されるサイケデリックな世界は光の魔術師と賞され、国内外のアーチストのステージを彩っている。
→Website

【.es ドットエス】橋本孝之 Takayuki Hashimoto : Sax, Harmonica & sara: Piano

2009年、大阪の現代美術画廊「Gallery Nomart(ギャラリーノマル)」をホームに結成。橋本孝之(alto sax, guitar, harmonica)+ sara(piano, others)の二人によるコンテンポラリー・ミュージック・ユニット。 現代美術ディレクター林聡がプロデュース。

結成当初より現代美術をはじめ様々な表現領域とのコラボレーションを行い、国内外にて活動を展開。2013年 P.S.F. Recordsよりアルバム「void」リリース。あらゆるジャンルを縦横無尽に横断する音楽家として独自の存在感を放っている。

アートシーンでは2011年「させぼアートプロジェクト」(長崎)、2013年 静岡市立美術館、2016年 大分県立美術館にて招聘公演。2017年「龍野アートプロジェクト2017」(兵庫)出演。

音楽領域においては、即興、ノイズ、電子音楽、ジャズ、ロック、クラシック、現代音楽など国内外の音楽家達とのコラボレーションによって生まれるボーダレスな世界ー “音”と“音楽”の間(ま)で交錯する感覚を表現する。

→Website

河端一 Makoto Kawabata


liquidbiupil


.es / Photo: .es Live at Gallery Nomart, 2011