イベント|Event

 

トーマス・ノイマン Thomas Neumann 「MATRIX」展 関連イベント

ドイツ人作家2名によるアーティスト・トーク

MATRIX

2018.4.7 sat 18:00- 入場無料

会場:ギャラリーノマル(大阪) > access
*トーク終了後「MATRIX」展オープニングパーティーを開催

出 演

美術家

トーマス・ノイマン Thomas Neumann

ゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川 レジデント/キュレーター

メルレ・ラートケ Merle Radtke

聞き手

ギャラリーノマルディレクター

林 聡 Satoshi Hayashi

■ イベントに関するお問合:ギャラリーノマル info(at)nomart.co.jp

展覧会情報

写真というメディアを大きく捉え、
“型と情報”の関係性を考察する意欲的な新作展

トーマス・ノイマン Thomas Neumann
「MATRIX」

2018.4.7 sat - 2018.5.12 sat
13:00-19:00 日曜・祝日休廊



トーマス・ノイマン|Thomas Neumann


1975年、ドイツ・コトブス生まれ。デュッセルドルフ美術アカデミーにてトーマス・ルフの元で写真を学び、マイスターシューラーを取得。ドイツを拠点に国内外で精力的な活動を続ける。

近年では日本の山林や観賞用の水石を題材にした作品『Japanese Series』を発表。作品集の出版とともにギャラリーノマルにて出版記念展「MORI・Thomas Neumann・ISHI」を行った。ドイツ人である自身の視点を通し、異文化における歴史的/文化的な事象やイメージをモチーフに新たな表現の可能性を探求する。

今展「MATRIX」では、伝統的工芸品 伊勢型紙や日本の新聞写真を用いて新作を発表、複製され続ける“型 (メディア) と情報”の関係性を考察する。

>> Artist website

メルレ・ラートケ|Merle Radtke


1986年生まれ。ハンブルク大学で美術史、文化人類学、博物館経営論を学ぶ。2015年~2017年、ハンブルク美術大学大学院博士課程バーチャル美学研究科奨学生。ポストデジタル時代におけるアプロプリエーション (盗用芸術) をテーマに博士論文を執筆する。多数の出版物の刊行に関わるほか、ハンブルク美術館、Jürgen Becker Galerie やシュトゥットガルト美術館などでキュレーターを務めた。

ゲーテ・インスティトゥートのレジデント助成を受け、2018年1月よりヴィラ鴨川 (京都) に滞在。模倣、繰り返し、習得といったアプロプリエーションのストラテジーが日本の芸術や日常 (のプロセス) においてどのように評価されているのかリサーチを行う。

ヴィラ鴨川滞在期間: 2018年1月11日~4月10日
>> 詳細



トーマス・ノイマン Thomas Neumann
© Gallery Nomart

メルレ・ラートケ Merle Radtke
© Volker Renner