イベント|Event

 


最終日関連イベント .es 音楽Live

“ἐποχή (エポケー)

2018.6.23 sat  Open 19:00 / Start 19:30-

料金 ¥1,500./会場:ギャラリーノマル(大阪) > access

*ライブ終了後にアフタートーク
トーク:稲垣元則 x 加須屋明子 (京都市立芸術大学教授) x .es (橋本孝之&sara) x 林聡 (ノマル・ディレクター)

→ Facebookイベントページ

出 演

.es(ドットエス: 橋本孝之 & sara)


無為の宙から音と間を掬いとる

2018年5月26日(土)よりギャラリーノマル(大阪)で開催される現代美術作家・稲垣元則の作品集出版記念展「象 elephant」。

展覧会最終日となる6月23日(土)に、コンテンポラリー・ミュージック・ユニット .es(ドットエス: 橋本孝之&sara)の音楽Live “ἐποχή/エポケー”を開催します。

稲垣元則と.esはこれまでも数々のコラボレーションを行ってきましたが、稲垣にとって特別な意味を持つ展覧会の終了時間から始まるライブは、.esにとっても特別なものとなるでしょう。

結成9年目に入り、さらなる深化の段階に入った.esがギャラリーノマルの空間に描く音世界、稲垣の作品と共にご堪能いただければ幸いです。

■ イベントのご予約・お問合せ:ギャラリーノマル info(at)nomart.co.jp tel. 06-6964-2323
 



展覧会情報

稲垣元則 Motonori Inakagaki
象 elephant
稲垣元則初の作品集出版記念展
不確かな未来を手繰り寄せる絶え間ない探索と確認

2018.5.26 sat - 2018.6.23 sat

13:00-19:00 日曜休廊




【 .es|ドットエス:橋本孝之 Takayuki Hashimoto & sara 】

2009年、大阪の現代美術画廊「Gallery Nomart(ギャラリーノマル)」をホームに結成。橋本孝之(alto sax, guitar, harmonica)+ sara(piano, others)の二人によるコンテンポラリー・ミュージック・ユニット。 現代美術ディレクター林聡がプロデュース。

結成当初より現代美術をはじめ様々な表現領域とのコラボレーションを行い、国内外にて活動を展開。2013年P.S.F. Recordsよりアルバム「void」リリース。あらゆるジャンルを縦横無尽に横断する音楽家として独自の存在感を放っている。

アートシーンでは2011年「させぼアートプロジェクト」(長崎)、2013年 静岡市美術館、2016年 大分県立美術館にて招聘公演。2017年「龍野アートプロジェクト2017 “龍野アートスケッチ”」(兵庫)出演。

音楽領域においては、即興、ノイズ、電子音楽、ジャズ、ロック、クラシック、現代音楽など国内外の音楽家達とのコラボレーションによって生まれるボーダレスな世界ー “音”と“音楽”の間(ま)で交錯する感覚を表現する。

→Website

.es|Takayuki Hashimoto & sara
Photo : Motonori Inagaki