今後開催の展覧会|Up Coming Exhibition

植松奎二 Keiji Uematsu

見えない重力 Invisible Gravity

2017.5.13 sat - 2017.6.10 sat

13:00 - 19:00 日曜日休廊
Closed on Sundays


  • Opening Party : 2017.5.13 sat 18:00 - 19:30 無料

国内外での評価が目覚ましい植松奎二、
待望の3年ぶりとなるギャラリーノマルでの個展


ギャラリーノマルにて3年振りに開催する植松奎二の新作展。
今展では木材とロープのみで構成された迫力あるインスタレーションと、10mもの長さとなるドローイング作品を中心に、植松が長年追求している「重力」を視覚化した彫刻・ドローイング作品を通して、“知覚を超えた発見の場”を皆さまにご覧いただきます。

2013年の中原悌二郎賞受賞以降、2014年にニューヨーク近代美術館への作品収蔵、2015年韓国での大規模な個展の開催、昨年にはテートモダンでのグループ展参加をはじめ、ロンドン、パリ、デュッセルドルフでの個展など、この数年来、海外での評価がさらに高まっています。

常に高い意識と衰え知らずの情熱をもって新たな表現に挑む植松奎二の新作展。
ぜひともご高覧くださいますよう、よろしくお願いいたします。


作家コメント

世界の構造、存在、関係をよりあらわに見えるようにして何かを発見したい、見えないものを見えるようにしたいといつも思いながら制作してきた。それは、ときには物と物との間にある重力、引力といった目に見えない普遍的な力への関心であったり、根源的なものと宇宙的な力への素朴な関心である。そして自然や地球、宇宙といったものに囲まれている、人間の存在に対する問いかけである。

今回の個展のテーマは「目に見えない重力・Invisible Gravity」。 ー 僕達の感覚の根底には無意識のうちに重力感覚があるー
目に見えない重力、引力を目で確かめることの出来る重力のかたちの場がつくられる。重力の場から地球と宇宙、自然と人間の存在に関わる関係を示すような、小さな宇宙空間を画廊の中に創り出すことを考えている。
  我々は重力、引力がなければこの地球上に存在出来ないように、宇宙も、太陽と地球も、星と星も目に見えない大きな重力場によって存在を決定づけられている。
重力こそこの世界に、宇宙にとって最大の拘束条件であり、それは世界の方向性の軸と、構成軸としての垂直と水平を表わす。
  「目に見えない重力・Invisible Gravity」の個展会場では、私達の持っている常識的な視覚を覆し、知覚を超えた発見の場を空間の中につくり出すことが出来ると思っている。

植松奎二 Keiji Uematsu






作家略歴

1947

神戸市に生まれる

1969

神戸大学教育学部美術科を卒業

1975

渡独、デュッセルドルフに住む

1986

西宮市とデュッセルドルフに住む (〜'95)

1995

箕面市とデュッセルドルフに住む (〜現在)

近年の主な個展 (2006年〜)

2006

「時間の庭へ」 西宮市大谷記念美術館, 兵庫

2007

「螺旋の気配から」 ノマル・プロジェクトスペース cube & loft, 大阪

 

「軸・経度・緯度」 信濃橋画廊, 大阪

2008

「螺旋の気配から-彫刻とドローイングー」 工房IKUKO, 倉敷, 岡山

 

「One day Museum」 Ikuko's house, 倉敷, 岡山

 

「浮遊するものへのあこがれ」 ボードワン・ルボン ギャラリー, パリ

 

「螺旋の気配-浮」 信濃橋画廊, 大阪

2009

「浮遊するものへのあこがれ」 カフェ フランシス アートギャラリー, ブルッセル, ベルギー

 

「螺旋の気配-浮」 ギャラリーノマル, 大阪

2010

「浮く石」 信濃橋画廊, 大阪

 

「浮遊するものへのあこがれ」 ギャラリーヤマキファインアート, 神戸, 兵庫

2011

「螺旋の気配」 クムサンギャラリー, ソウル, 大韓民国

 

 ユミコ・チバ アソシエイツ ビユーイングルーム シンジュク, 東京

 

「平行軸・時間-空間(with vladimir skoda)」 ボードワン・ルボン ギャラリー, パリ

2012

「宇宙の気配から-浮」 ギャラリー16, 京都

 

「軸-重力・反重力」 ギャラリーノマル, 大阪

2013

「截接-軸・経度・緯度」 ユミコ・チバ アソシエイツ ビユーイングルーム シンジュク, 東京

2014

「見えない軸ー距離と角度」 ギャラリーノマル, 大阪

 

 フリーズ マスターズ:スポットライト,

 

 ユミコ・チバ・アソシエツ, リージェントパーク, ロンドン

2015

「見えない力」 ギャラリー16, 京都

 

「見えない力」 アラリオ ギャラリー, チョナン / ソウル, 大韓民国

 

「見えない力」 ユミコ・チバ・アソシエイツ ビューイングルーム シンジュク, 東京

2016

「見えない力と見ること」 美術家協会,マールカステン, デュッセルドルフ, ドイツ

 

「見えない力」 サイモン・リーギャラリー, ロンドン

 

「見ること/測ること」 ボードワン・ルボン ギャラリー, パリ

近年の主なグループ展 (2007年〜)

2007

「ラジカルコミニケーション・日本のヴィデオアート, 1968-1988」

 

 ゲッテー・リサーチインスティチュート, ロスアンジェルス

 

「日本現代芸術祭 2007」 ヘイリ アート ヴァレリー,ヘイリ,大韓民国

 

「天体と宇宙の美学」 滋賀県立近代美術館

 

「24時間・7日・1週間」 アルテフェアズウム, デュッセルドルフ, ドイツ

2008

「写真の美術・美術の写真」 大阪市立近代美術館準備室心斎橋展示室, 大阪

 

「南の方から」 マイヤーホフプロジェクト, デュッセルドルフ, ドイツ

 

「現代美術の冒険」 西宮市大谷記念美術館, 兵庫

2009

「ヴィデオを待ちながらー映像、60年代から今日へ」 東京国立近代美術館

 

「その森は謡う 2nd family project project」 あさご芸術の森美術館, 朝来, 兵庫

 

「おもろいやつら・人間像で見る関西の美術」 徳島県立近代美術館

 

「神戸ビエンナーレ Kobe Biennale 2009」 神戸港, 兵庫

 

「Bit.fall - Wasserfall ビットフォールー滝」 道頓堀, 大阪

 

「Vital Signals」 広島市現代美術館, 広島/横浜美術館, 神奈川

2010

「大原Best 大原美術館創立80周年記念特別展」 大原美術館, 倉敷, 岡山

 

「Seeing-6人の作家による写真表現」 フジゼロックスアートスペース, 横浜, 神奈川

 

「コレクション展 2 近年の収蔵品を中心に」 国立国際美術館, 大阪

2011

「中原悌二郎賞創設40周年記念展」 中原悌二郎記念旭川市彫刻美術館, 北海道

 

「ギャラリー ロオールの30年」 メンヒエングラッドバッハ, ドイツ

 

「1970年代へ写真と美術の転換期-複写 反射 投影ー」

 

 ユミコ・チバ・アソシエイツ ビューイングルーム シンジュク, 東京

 

「鉄に挑む熱き男たち」 BBプラザ美術館, 神戸, 兵庫

2012

「ミュゼ レアトゥ アクトV」 ミュゼ レアトゥ, アルル, フランス

 

「対話する美術/前衛の関西」 西宮市大谷記念美術館, 兵庫

 

「Zauberspiegel」 クンストハーレ ブレーメン, ブレーメン, ドイツ

 

「言葉と美術が繋ぐものー中原佑介へのオマージュ展」

 

 ギャラリーヤマキファインアート, 神戸, 兵庫

2013

「大原現代 Ohara Contemporary」 大原美術館, 倉敷, 岡山

 

「戦後の彫刻:素材という観点から」 国立国際美術館, 大阪

 

「信濃橋画廊コレクションを中心に」 兵庫県立美術館

 

「この素晴らしき彫刻の世界」 北九州市立美術館, 福岡

 

「中原悌二郎と中原悌二郎賞の作家たち」

 

 中原悌二郎記念旭川市彫刻美術館ステーションギャラリー, 北海道

 

「SPEKUTRUM」 ギャラリーロオール, メンヒエングラッドバッハ, ドイツ

2014

「村岡三郎へのオマージュ」 ギャラリー16, 京都

 

「ジャポン」

 

 聖アンドレ大修道院メイマック現代アートセンター, メイマック, フランス

 

「日本の写真 イメージと物質 1970年代から」

 

 マリアンネ・ボエスキーギャラリー, ニューヨーク

 

「In-between・ 植松奎二/渡辺信子」 ボードワン・ルボン ギャラリー, パリ

 

「植松奎二/渡辺信子」 シャトウーメゾン モーゼル,アンドレシィー, フランス

 

「アルテヴィダ, 『身体』」 カサ・フランカ・ブラジル, リオデジャネイロ, ブラジル

 

「4x4」 ステファン・フリードマン ギャラリー, ロンドン

 

「丘の上のタカラ箱」 北九州市立美術館, 福岡

 

「夏のクール・スポット 垂直の夢・水平の思考・自分の手足を定規にしたら」 京都市立美術館

 

「1974 戦後美術の転換点」 群馬県立近代美術館

2015

「新しい世界のために,1968年から1979年における日本美術と写真における実験」

 

 ヒューストン美術館, テキサス/グレイ・アートギャラリー/

 

 ジャパンソサイテー, ニューヨーク

 

「Re: play 1972/2015 『映像表現’72』展、再演」 東京国立近代美術館

2016

「Performing for the Camera」 テート・モダン, ロンドン

 

 アートバーゼル香港 "Encounter", 香港

 

「京都・美の系譜」 京都市美術館

 

「彫刻大集合」 兵庫県立美術館(〜’17)

2017

「Spring Collection」 ギャラリーノマル, 大阪

主な受賞歴

1973

第8回ジャパンアートフェスティバル 優秀賞

1974

神戸市文化奨励賞

1990

"第12回神戸須磨離宮公園現代彫刻展" 大賞

1993

"第15回現代日本彫刻展" 宇部興産株式会社賞/神奈川県立近代美術館賞

1995

"第16回現代日本彫刻展" 宇部興産株式会社賞

1997

第28回中原悌二郎賞 優秀賞

 

"第17回現代日本彫刻展" 宇部興産創業100周年記念賞/兵庫県立近代美術館賞

1998

第22回井植文化賞(文化芸術部門)

1999

"第6回朝来2001 野外彫刻展 in 多々良木'99" 大賞

2010

神戸市文化賞

2013

第38回中原悌二郎賞