過去の展覧会

<

2012年7月14日(土)- 9月5日(土)

PEKE 1, Talk Session and Exhibition (グループ展)

PEKEとはX(バーサス)、つまり各週初日となる土曜日に開催するトークがメインとなる展覧会です。
7月14日から始まる、計7回7組のメンバーは当画廊取扱作家を中心に、現代美術作家だけでなく、文学者、建築家、ミュージシャンが参加。毎回それぞれのテーマに沿って、各人の特徴が遺憾なく発揮される大変ユニークな内容となります。
会期は各回5日間と短くなっていますが、いずれの回も趣向を凝らした展示をご覧いただけます。また7回中の4回、ドットエス(即興音楽ユニット)によるライブパフォーマンスもお楽しみいただけます。
他では見られない特別なセッション。ぜひともご高覧くださいますよう、宜しくお願いいたします。

Xは拡がりゆく交差点, 7組の参加者による、週末毎のトークセッションと5日間の展覧会。毎回、それぞれのテーマに沿って展開していきます。
2・4・5・7回目には.es(ドットエス)によるライブも開催。話すことを中心にした展覧会とミュージックライブが新たな交差点となります様に。
林 聡(ギャラリーノマル ディレクター)

Talk, Live and Exhibition Schedule

Session 1 / 7.14 sat - 7.18 wed
田中朝子 (現代美術作家) X 日下部一司 (現代美術作家)
Talk Session: 7.14 sat 18:00 -
テーマ: “Trans. - 変容と意味の裏側”

Session 2 / 7.21 sat - 7.25 wed
今村 源 (現代美術作家) X 袴田京太朗(現代美術作家)
Music (.es) + Talk Session: 7.21 sat 17:00 -
テーマ: “Void - 通路”

Session 3 / 7.28 sat - 8.01 wed
名和晃平 (現代美術作家) X 中西信洋 (現代美術作家)
Talk Session: 7.28 sat 18:00 -
テーマ: “Co-Operation - 共振”

Session 4 / 8.04 sat - 8.08 wed
稲垣元則 (現代美術作家) X 鈴木創士 (フランス文学者 / EP-4)
Music (.es) + Talk Session: 8.04 sat 17:00 -
テーマ: “Another World - 超覚”

Session 5 / 8.18 sat - 8.22 wed
藤本由紀夫(現代美術作家) X 松井智惠 (現代美術作家)
Music (.es) + Talk Session: 8.18 sat 17:00 -
テーマ: “Dis-Communication - わかりあえることの曖昧”

Session 6 / 8.25 sat - 8.29 wed
大島成己 (現代美術作家) X 梅原 悟 (建築家) メディエイター:齋藤孝司 (MEDIA SHOP)
Talk Session: 8.25 sat 18:00 -
テーマ: “Construction of Vision - 視線から”

Session 7 / 9.01 sat - 9.05 wed
.es (即興音楽ユニット) X 美川俊治 (ミュージシャン / 非常階段, Incapacitants)
Music (.es & 美川俊治) + Talk Session: 9.01 sat 17:00 -
テーマ: “Sound or Visual - 耳の勝ちか目の勝ちか”

<展覧会関連イベント>
Stefan Goldmann x .es
2012年7月12日(火) 8pm- @Gallery Nomart
主催 / ギャラリーノマル
共催 / ドイツ文化センター
協力 / 大阪府立江之子島文化芸術創造センター

PEKE展オープンに先駆け、ドイツ人アーティスト(作曲家/音楽プロデューサー/DJ)シュテファン・ゴルドマン氏と.es(ドットエス)によるライブを開催します。
ゴルドマン氏の電子音楽、ドットエスの生の楽器音による即興演奏がギャラリー空間で交差する、PEKE展にふさわしいプレイベントです。
(※ゴルドマン氏は7/17までゲーテ・インスティトゥートの招聘アーティストとしてヴィラ鴨川に滞在中。)

Stefan Goldmann シュテファン・ゴルドマン
(作曲家、音楽プロデューサー、DJ)
テクノミュージックと概念的なアプローチや電子音響音楽の作曲技法を、既存のジャンルを超えて新たな音楽を予感させるような、驚くべき作品へと結びつけている。重点をなすのは、「リズム体系」、「技術的な型に関連した作曲法」、そして「一見相容れない要素を組み合わせること」である。スタジオでのエレクトロミュージック制作を中心に手掛ける傍ら、近年、器楽奏者や振付家とのコラボレーションも数多く行っている。また最近では、音楽経済学や音楽社会学に関する論文も執筆しており、注目を集めている。
ベルリンの大学でアコースティック・コミュニケーションを学んだ後、世界の著名レーベルから数多くの録音を発表。2007年、自身の音楽レーベル「Macro」を設立し、音楽雑誌「De:Bug」にて「アヴァンギャルドテクノのトップ・レーベル」と絶賛された。レーベル「Macro」からリリースするアーティスト達の発表の場として、ロンドン、パリ、ワシントン、東京などでコンサートを開いた。また、DJとして世界各国のフェスティバルやクラブで活躍し、ライブシリーズ「エレクトロ・アコースティック・サロン」の企画構成を手掛けたベルリンのクラブ・ベルグハインと深い絆で結ばれている。自身の作品は、「Groove」、「Resident Advisor」、「LWE」などのメディアの年間読者投票ランキングに度々入っている。これまで、マンハイム州立劇場やBASF文化プログラム等の委託を受け作曲を行う。
(ゲーテ・インスティトゥート・ヴィラ鴨川 HPより)


□ session 1 / 日下部一司 X 田中朝子

□ session 2 / 今村 源 X 袴田京太朗

□ session 3 / 中西信洋 X 名和晃平

□ session 4 / 稲垣元則 X 鈴木創士

□ session 5 / 藤本由紀夫 X 松井智惠

□ session 6 / 大島成己 X 梅原 悟 メディエイター:齋藤孝司

□ session 7 / 美川俊治 X .es ゲスト・スピーカー:坂口卓也