過去の展覧会

<

2013年5月11日(土)- 6月8日(土)

名和晃平「garden」

新シリーズによる緊張感ある"箱庭"的空間
ギャラリーノマルでは3年半振りとなる名和晃平の個展。
今回は動植物をモチーフとした有機的なフォルムの彫刻作品"Biota (Fauna / Flora )"の新作、三次元モデリング技術を用い、実在するモチーフを流動性のある三次元局面で再構成した"Trans"シリーズの新作。また、近年集中的に制作している、絵具の自重のみで描き出すペインティング"Direction"の新作で構成。あたかも箱庭のように異なったシリーズの大小の作品がランダムに配置され、見る人の様々な感覚を喚起する、ミニマルで緊張感あるインスタレーションとなります。
また上記作品の他、剥製などをビーズで被った"PixCell-Beads"シリーズや、 版画工房を有するノマルとのコラボレーションから生まれた新作版画シリーズ"Line-Random"も展示いたします。
名和晃平の幅広い展開を一堂にご覧頂ける今展をぜひご高覧ください。