過去の展覧会

<

2013年12月7日(土)- 2014年1月18日(土)

Water and Plant:稲垣元則 Motonori Inagaki+トーマス・ノイマン Thomas Neumann
  • オープニングパーティー:2013.12.7 sat 5pm -
    artist talk (稲垣元則 Motonori Inagaki x Thomas Neumann) & live performance (.es)  ※ 終了致しました

  • 後援:ドイツ連邦共和国総領事館

静寂の内に独自の世界観を浮かび上がらせる2人の写真展

稲垣元則とドイツ人作家、トーマス・ノイマン(Thomas Neumann)の2人による、「水」と「樹」を題材とした写真展を12月7日から1月18日の期間開催。

2人ともこれまで写真以外に映像、ドローイング、インスタレーション等さまざまな表現手法で制作をしていますが、今回は2人の共通点である写真作品にテーマをしぼりご覧頂きます。

版画工房とレジデンス・スペースを活用して版画制作に挑戦

今回はノマルの版画工房を活かし、Thomasの新シリーズによる版画作品を制作いたします。ドイツに住むトーマスとは1年以上に渡ってコンセプトやプロセスを共有してきました。今後の予定として、展覧会の1週間前に来日し、ノマルのレジデンス・スペースに滞在しながら版画のプリントを進めてゆきます。完成した作品は今展で出品予定。楽しみにお待ちください。



ギャラリーノマルディレクターよりのコメント

目で描く
写真というメディアではあるが、そこにカメラはあるのか? “気”となった2人のアーティストが水面を、樹木を、そっとなで、それが立ち現れる。まるで現像液の中に静かに浮かび上がる像を、その時間とともに凍結させたように。2人は双子である。話しかける必要のないほどの親和性と、どうしようもない絶望的な距離。だがまぎれもなく世界は深くそこに開ける。私たちはそこで、認識以前の記憶の追体験をするのかもしれない。

ディレクター 林 聡