過去の展覧会

<

2014年6月21日(土)- 7月19日(土)

渡辺信子 作品集出版記念展 In - Between

渡辺信子、作品集出版に合わせて12年振りとなるノマルでの個展

木枠に単色、あるいはストライプ柄の綿布を張り、単純明快な構成からなる作品の制作を長年に渡り取り組んでいる作家、渡辺信子。 布の張力によって表面に生み出された美しい曲面は、隣り合う部位の内側へと入り込み、豊かな色彩の世界から境界を越えて作品の深層へと鑑賞者を誘います。
視覚的な柔らかさと緊張感を合わせ持った彼女の作品は国内外で高く評価されており、国際的に注目されている作家の一人です。

今展は、2001年に西宮市大谷記念美術館で開催された個展以降、12年間の仕事をまとめた作品集の出版を記念して開催する、新作を中心としたバラエティーに富んだ内容による大規模な展覧会となります。



作家コメント

木材に布を張った、布の張力を利用した立体作品です。
接合する境界に向かって布がなだらかな曲線を描き、グラデーションの微細な色の対比も加わり、
緊張感のあるフォルムを生み出します。
場としての空間を体感できる、新たな自分の発見の時間になればいいなと思います。
渡辺信子




------------------------------------------------------------
渡辺信子 作品集
“Nobuko Watanabe works: 2002 - 2014”

hardcover / 26.5 x 21.5 cm / 80 pages
text : 池上司 (西宮市大谷記念美術館 学芸員)
   植松篤 (霧島アートの森 学芸員)
publisher : Nomart Editions
date of issue:2014.6.21
ISBN 978-4-86152-091-4 C0071
price:2,500 yen + tax
------------------------------------------------------------