過去の展覧会

<

2015年7月1日 (水) - 7月31日 (金)

Exchange Program: Osaka←→Taipei
張騰遠 CHANG Teng-Yuan : HEX

台湾人アーティスト・張騰遠 (CHANG Teng-Yuan)による
  ギャラリーノマルでの日本初個展


国立台湾美術館(National Taiwan Museum of Fine Arts)での個展開催など、本国台湾で今後の活躍が最も期待される若手アーティストの一人、張騰遠(CHANG Teng-Yuan)。近年では活動の場を海外に広げ、さらなる注目を集めています。

今回、台湾の現代美術画廊 "Galerie Grand Siècle (新苑藝術)"とのエクスチェンジ・プログラムとして、彼の日本での初個展をギャラリーノマルにて開催いたします。

展覧会タイトルである「HEX」は、hexagon(六角形)の短縮語。パターンを繋げることによって無限に広がり続ける六角形は、彼の作品に特徴的にみられる、終わる事のない世界への「展望」を象徴するイメージとなります。
今展では、その六角形をモチーフに制作されたコラボレーション・ワークや新作ペインティングをはじめ、平面作品を中心に展示いたします。


展覧会ステートメント / Artist Statement of Hex

全てのバランスを維持しつつ連続的な繋がりによって拡張する、六角形のシンボル。それは観察のためのユニークな「窓」になるだけではなく、複数の連接の概念をも示しています。
昨今の情報社会では、クラウド・コンピューティングによって情報がまとめられ配信されます。膨大なデータの中から、地球上の何十億の人間にその時々の状況にあわせた情報を提供し、彼らのニーズやシナリオに対して解決方法を与えています。彼ら一人一人がまるで一つの六角形のようで、巨大なネットワークを生み出すまで、それらは繋がり続け、拡大を続けているように見えます。
私は「六角形の一つ」として、自分の欲望が1ビットずつデジタル化されながら、その他数十億の六角形と繋がっていることに気付きました。なぜならクラウドの世界では、現実と仮想、真実と虚構の境目はより曖昧になって行くためです。展覧会タイトルであるHEXは、現代の環境に対する比喩的な表現であるとともに、私たちがどこにいるのか、またどのように振るまうのかを観察するための「窓」であるとも言えます。

今展では、私は自分のシリーズ作品を広く展開すると同時に、よりエモーショナルな部分に注目することに試みました。私が今回創りあげた世界では、考古学的な研究に従事するエイリアン(The Parrot Man / オウムマン)が、かつて文明が存在した世界で残された文化的な遺物を調査しています。彼らはどのように、それらを築いた人々の感情と欲望について、研究をすることが出来たのでしょう?感情は確実に存在しますが、単位で表したり実際に目で見ることは不可能です。しかし前頭前皮質を持つ我々人間は、感情をシミュレーションする装置を働かせることによって、自身または他人の感情を判断したり予測することが可能です。

感情における考古学的な研究を行う上で、今回はアンケートという方法を通して、日本の人々に楽しさ・悲しさ・怒りといった感情を単位で表現してもらいました。質問し、回答を集めるという一連の行為は、情報社会におけるそれに似ています。研究の最後には、私はその結果を用いてアート作品へと融合させるでしょう。

傍観から得られた特別な作品「HEX」は117ピースの六角形から成り、入口正面の壁面に展示されます。入場とともに、来廊者はその「巨大な目」によって観察されジャッジされます。HEXと私達との相互アイコンタクトが、膨大なデータの中の仮想世界と現実世界とのクロスオーバーを象徴することになるでしょう。

Hexagon, a symbol extending from images continuously connected while keeping all balanced, not only stood for a window for unique observation, but indicated the concept of multiple linkages. In the age of big data, information is streaming and integrating under cloud computing, as billions of human beings on the globe filter the data out of varied resources corresponding to the current situation through cloud integration, to render a way of solution to the needs and scenarios in the contemporary environment. And each one of the billions is like a hexagon connecting and expanding until it weaves a giant hexagon network. As one in the hexagons, obscurely I perceived my desires digitalized bit by bit and merged with the billions’ because in the cloud era, the distinctions among real/virtual and true/false have been getting vaguer and vaguer. Therefore, Hex, the title of the solo exhibition was placed as a metaphor for the contemporary environment, and the observation window for me to investigate where we are and how humans behave.

In this exhibition, I tried to extend the context of my series works and worked on focusing further on emotional switches. In the world I created, the aliens (the Parrot Man) engaging in archeological research after the end of the world can study the cultural relics left on earth to infer the civilization once existed. However, how could they do research on the human emotions and desires that have built a world? Emotions are tangible, difficult to be seen or preserved in a visible unit; only humans with prefrontal cortexes can have emotion simulators functioned to judge the self emotion or others’ at the very moment, and predict the reaction which may probably work in response.

Therefore, the main purpose of the exhibition is to do the archaeological study on emotions by the method of questionnaire, to inquire the quantified units of emotions when people are asked to try to transform the feelings such as happy, sad or angry into visible units. The inquiring and collecting the results are like converging information in the age of bid data. In the end of the study, I will take the results as the references and fuse them into my art context.

The special cooperative work, HEX, was consisted of 117 hexagons, featuring a giant eye. The exhibiting place is in front of the entrance, so every visitor just coming in will be stared and judged by the giant eye. The mutual eye contacts between the eye and human eyes would symbolize the crossover of the virtual world in big data and the real world.

張騰遠 (CHANG Teng-Yuan)