過去の展覧会

<

2015年9月12日(土) - 9月26日(土)

木村秀樹 Hideki Kimura : Project Periods 2015 - 2018
Period 2: Waterbird / Tulip
  • Opening Party: 2015.9.12 sat 18:00 - 無料 ※ 終了致しました

  • 関連イベント:3組の前衛音楽DUOによるライブ "Various Meansー曖昧の海にただよう音"
    2015.9.19 sat open 19:00, start 19:30-, charge: ¥2,000.- ※ 終了致しました
    出演: 磯端伸一+薬子尚子, Sarry (821 & Fujiyuki), .es (ドットエス:橋本孝之 & sara)
      ※ 磯端伸一:映画「フリーダ・カーロの遺品 石内都 織るように」音楽担当
    → イベント詳細へ

  • 会期中のイベント:"Improvisation Meeting ♯4 Maresuke × sara Duo Live"
    2015.9.25 fri open 19:00 start 19:30 - charge : ¥2,000.- ※ 終了致しました
    出演: Maresuke [Contrabass / Contracello], sara (.es) [Piano]
    → イベント詳細へ

木村秀樹-70年代の鮮烈なデビューから現在・未来に至る仕事。
現代版画を“超俯瞰”する計7回、4年間にわたるプロジェクト、
“Hideki Kimura: Project Periods 2015-2018”始動!


20代の頃から国際的な版画展に出品し多くの賞を受賞、国際的に高い評価を獲得している、日本を代表する画家/版画家、木村秀樹。特に70年代に制作された作品群は国内の主要美術館に収蔵されており、ご覧になられた方も多いと思います。

今回の個展は、4年をかけて計7回の会期(Period)で開催するプロジェクトの第二弾となります。
このプロジェクトは、時代を越えてなお色褪せることのない魅力を放ち続ける70年代初期の作品から最新作までを、系統立て俯瞰的にご覧いただくことで、木村の思索の遍歴をたどり、その魅力に迫る試みとなります。

毎回、版画の新たな可能性を提示する新作を発表!
今回のプロジェクトでは、作品全体の中から10のシリーズを選び、当時と同様ないしは類似のポジ/版を用いて、木村の現在の視点からの新作シルクスクリーン作品を各ピリオドごとに制作、旧作と併せて展示します。10枚の新作版画作品は、会期の終了時(2018年を予定)、1冊のポートフォリオとして出版いたします。

なお、今回のプロジェクトでは、木村を古くから知る中谷至宏氏(美術館学芸員)に4年間、各回でナビケートをご担当いただき、客観的な視点からも木村の仕事の本質を探ります。

Period 2: Waterbird / Tulip
Period 2でのテーマは、<Waterbird / Tulip>。70年代のPencilシリーズ等で得た評価に驕らず、80年代に入ってからも多様に制作テーマを展開していく中で、一層異彩を放つシリーズです。ダブルイメージ・多義性をテーマとした同作品シリーズは、シルクスクリーンプリントによる平面作品のほか、Waterbirdシリーズでは立体、インスタレーションにも展開され、版表現の拡張を標榜する上でのターニングポイントとなりました。
今展では、当時の平面、立体作品を合わせて展示。また同イメージを用いての新たな作品作りにも挑戦いたします。


作家ステートメント / Artist Statement

1972年から現在に至る制作の展開を、7回の展覧会を通じて紹介します。私のこれまでの制作は、いくつかのシリーズの連続体/集合体と見なす事ができるかもしれません。" Periods " は、それ等のシリーズを、時系列に則して、合理的/回顧的に紹介する事を目指しますが、その事は逆に、各シリーズ間に、技法的、素材的、内容的、時間的な、浸潤、交錯、反復といった、分節化不可能性を再認識させる事になると想像しています。制作遍歴の中に、別の違和を発見し、新たな展開に繋げる事、これが " Periods " に託した木村の課題です。

木村秀樹

プロジェクトナビゲーター:中谷至宏(美術館学芸員)
1987年より京都市美術館と二条城に学芸員として勤務。専門は近現代美術史、美術館論、美術館史。「Parasophia: 京都国際現代芸術祭2015」キュレーター。1989年、「版から/版へ -京都1989-」展を企画し、木村秀樹をはじめとする17名の版表現を展示。