過去の展覧会

<

2001.12.21 sat - 2002.1.31 sat

山田佐保子 Sahoko Yamada
鳩の部屋 Pigeon/Vision
  • オープニング・パーティー 2001.12.21 sat sat 17:00 -



山田佐保子は、被写体をさまざまな角度、部分、深さから写真に撮り、それらを組み合わせて立体にする仕事を行ってきました。昨年2月の展覧会では、立体作品、マルティプル、そしてアクリル板の表裏に映像のイメージをシルクスクリーンで刷り重ねた版画作品を発表。平面と立体の狭間を移ろう「2.1D」と名付けられた版画作品は、山田の新しい試みとして、高い評価を受けました。

今回の展覧会では、山田の初めての展開として、スペース全体を使ったインスタレーションの仕事を発表します。5×6×3 (m)のスペースの壁面、さらに床面が、山田によって切り取られた映像に覆われ、そのただ中で山田の映像世界にさらされることとなります。これまでの立体作品が山田の“視点の痕跡”であるとすれば、今回のインスタレーションは、山田の“視点と共振する場”を出現させるものです。