過去の展覧会

<

2003.2.8 sat - 2.28 sat

Nomart Projects #02_02
みやじけいこ Keiko Miyaji
近い影/遠い景色
  • オープニング・パーティー 2003.2.8 (中比良真子展と合同開催) sat sat 17:00 -



前回、2001年の開催より2年振りとなる「Nomart Projects」の第2弾。そのスタートとなる、みやじけいこのLOFTでの個展 (中比良真子展と同時開催)。
大型のガラス板に身体のイメージをマウントした作品を壁面だけでなく、窓枠にも取り付け展示。またガラスに直接シルクスクリーンでプリントした版画作品を4点制作、ノマルエディションより出版しました。

--
ノマルエディションの若手作家の発掘・育成プログラムとして2001年にスタートした「NomartProjects」。その第2弾として、今回は三脇康生氏(美術評論家, 精神科医)をキュレーターに迎え、ノマルエディション/プロジェクト・スペースのCUBEとLOFTの2会場において春に6人、夏に4人、計10人の若手作家の個展を開催。


前回#1ではグループ展+個展という形態でしたが、今回のプログラムは10作家、すべて個展での展覧会となりました。

各個展の狙いは、ある程度表現を持続させてきた若手作家が、いかに表現を見直し、展開させるのか、それを考察する瞬間につき合い、見守る─ノマルエディションが工房 (制作)・ギャラリー (発表)の場を与え、批評家としての三脇氏の用意する言葉を参照してもらう─ことにありました。

それぞれの作家のステートメントも伴いつつ、個展の度に企画者である三脇氏が文章を執筆し、発表されました。


[Nomart Projects#2 参加作家]
[前半]
中比良真子 Masako Nakahira / みやじけいこ Keiko Miyaji
村井美々 Mimi Murai / 馬場晋作 Shinsaku Baba
三宅砂織 Saori Miyake / 谷本良子 Ryoko Tanimoto
[後半]
梅木香里 Kaori Umeki / 児玉太一 Taichi Kodama
衣川泰典 Yasunori Kinukawa / 中西信洋 Nobuhiro Nakanishi



--
作家コメント

大事にしたいような、壊してしまいたいような

私達が生活する中で、あたりまえに受け入れてきたものや、自分が築いてきたと思っているものの中には、永遠に続くと良いなと感じるものや逆にすべてを壊してしまいたいと感じるもの、こうしたい!という欲求など、様々な気持ちが入り交じっています。
それらは微妙なバランスで『日常』を保っています。

しかし日常の生活の中には、ちょっとしたことがきっかけになってバランスが崩れる瞬間が常に潜んでいるように思います。
私は、そんな自分があたりまえに受け入れてきたものが、’ちょっとしたこと’がきっかけでそれまでと全く違うかたちになってしまう瞬間に興味を持ち、作品をつくっています。

そこには新しい関係性のかたちが潜んでいるように思えるからです。


これまで、そんな『瞬間』が生まれる空間としての『窓』を舞台に、自分があたりまえに受け入れてきたものや理想の姿を展開することで『新しい関係性のかたち』を探ってきました。

今回の作品では、『視点/視野』を手がかりに、(身体の部分からの像)を展開し、『新しい関係性のかたち』までの道のりを探っていきたいと思います。

みやじけいこ Keiko Miyaji


--
ー 三脇康生よりみやじけいこへ

インスタレーションといわゆる作品とはどう違うのか?

みやじは1998年に京都の明倫小学校が廃校された後のスペースを用いた展覧会で、窓に人の形やカタツムリの形のイメージを切り抜いて張り付け、窓の外も借景とかして、面白いリアリティを獲得した。ここに二つの問題が発生する。1、まずなぜ窓なのか?窓は面白い。中と外を繋ぐから。中なのか外なのか分からないから。岡山のレトロなビルを使った作品(構造は明倫小学校と同じもの)でも、窓の面白みが掴まれていた。しかしみやじは、このころから窓の役割ではなく、窓ガラスの質感の面白みに出会うことになる。装置としての窓だけではなく、さらに窓ガラスの質感への興味が付け加わる。外の庭の風景を時には借りて、なんともうっとりとするようなイメージを作り出しもする窓ガラス。それはそれで美しくて良い。とすると今度は、みやじのイメージとガラスの質感の関係性が、まさに問われることになる。ここからインスタレーション作品とは言い切れぬ、イメージとガラスの関係性の詳細な考察が、みやじの作品でおおきくクローズアップされることになるだろう。2、なぜイメージはほとんど人の形なのか?人を扱っても、みやじの作品には、露出性という感覚はない。みやじ本人も、人がほとんど他の物に見えることを望んでいると言う。観る人が、おそらく入り易い入口として人形が使われているのではないだろうか。かたつむりでは、ある意味、観る人にイメージ処理を受け易いかも知れない。人のはずなのに、そうではなくなる瞬間。それを獲得するためのイメージ選択なのだろう。無気味だろうか?むしろ人の形が窓のそとの風景の様になれば、しめたものである。それはイメージの無害化と言う意味ではなく、脱人間化であり、アート化である。以上の1と2の点を考えてきて、みやじには強いインスタレーション性とガラスとイメージのあいだの繊細な関係性に基づくファインアート性が共存している。これを平均化をしても面白くない。むりやり、線をひいて分けてみよう。水と油のようには分かれないにしても、その二つの切断面も、今回は作品としてしまおう。

三脇康生 Yasuo Miwaki


今展キュレーター: 三脇康生 Yasuo Miwaki

1963年生
京都大学文学部美学美術史専攻、卒
京都大学医学部、卒
フランス政府給費留学生としてパリ第一大学科学哲学科博士課程留学後、京都大学大学院医学研究科博士課程、修了

[専攻]
美術批評、臨床精神医学、精神医学の倫理・歴史・哲学
[著作]
「精神の管理社会をどう超えるか?」(松藾社)
「ア−ト×セラピー潮流」(フィルムアート社)
「ナルシシスムを静かに破壊せよ」(ノマルエデション) 他