過去の展覧会

<

2003.3.8 sat - 3.28 sat

Nomart Projects #02_03
村井美々 Mimi Murai
春眠マクラ
  • オープニング・パーティー 2003.3.8 (馬場晋作展と合同開催) sat sat 17:00 -



2003年2月8日からスタートしたNomart Projects#2の前半3回目、村井美々のCUBEでの個展 (馬場晋作展と同時開催)。
今展に合わせて制作されたアニメーション作品のモニター投影と、同アニメの原画をスクエアなギャラリー空間の4面ぐるりに並置して展示。鑑賞者が映像と原画を行きつ戻りつしながら作品世界に入り込んでいくような内容となりました。

--
ノマルエディションの若手作家の発掘・育成プログラムとして2001年にスタートした「NomartProjects」。その第2弾として、今回は三脇康生氏(美術評論家, 精神科医)をキュレーターに迎え、ノマルエディション/プロジェクト・スペースのCUBEとLOFTの2会場において春に6人、夏に4人、計10人の若手作家の個展を開催。


前回#1ではグループ展+個展という形態でしたが、今回のプログラムは10作家、すべて個展での展覧会となりました。

各個展の狙いは、ある程度表現を持続させてきた若手作家が、いかに表現を見直し、展開させるのか、それを考察する瞬間につき合い、見守る─ノマルエディションが工房 (制作)・ギャラリー (発表)の場を与え、批評家としての三脇氏の用意する言葉を参照してもらう─ことにありました。

それぞれの作家のステートメントも伴いつつ、個展の度に企画者である三脇氏が文章を執筆し、発表されました。


cu [Nomart Projects#2 参加作家]
[前半]
中比良真子 Masako Nakahira / みやじけいこ Keiko Miyaji
村井美々 Mimi Murai / 馬場晋作 Shinsaku Baba
三宅砂織 Saori Miyake / 谷本良子 Ryoko Tanimoto
[後半]
梅木香里 Kaori Umeki / 児玉太一 Taichi Kodama
衣川泰典 Yasunori Kinukawa / 中西信洋 Nobuhiro Nakanishi



--
作家コメント

春は眠い。
冬も眠いけど春の眠りは心地良い。

私の造る世界は眠っている時に見る夢に近い気がする。
昔からなぜ夢を見るのか不思議だった。
脈絡もなく脳の中に流れる映像は目が覚めると
すぐに忘れてしまうし、人に見せることも
記録をすることもできなかった。
しかしアニメーションをつくることで、
私は自分の脳内に流れている映像を
人に見てもらうことができるようになった。

私は春の眠りの中で見る夢を想像した。
春は動物や植物がたくさん目を覚ます。
きっと色とりどりのふんわりとした夢なのだと思う。
たくさんの人の脳内も私の想像した夢で
いっぱいになってもらいたいと思う。

村井美々 Mimi Murai


--
ー 三脇康生より村井美々へ

スピードについて

 たまたまケルンで見た2000年を記念する国際展覧会と、それから昨年3月のニュ-ヨークのPS1でのグループ展で、アニメのドローイングのプロセスを映像に残して作品化している作家がいて面白かった。両方の展覧会とも大きな政治的なスローガンを掲げたような作品が多くて、両方とも一緒に行った友人とため息ばかりついていたのだが、ドローイングのプロセスを見せるというこんな小さな仕掛けでも、目の前で形が活き活きと出来上がる様子にほっとさせられ、アートはもっと細かな問題こそを扱うべきだと痛感した。その経験の影響だろう、村井の作品を初めてみた時に、もっとペインタリーな要素が前面に出た方が良いのではないかとすぐに思った。実際、今回の作品では、ペインタリーな要素が強くなり、イメージの展開の仕方がよりダイナミックになっている。爽快である。しかし心配もある。
 写真を撮り、そこへ筆を加え原画のようなものができ、そこからイメージの尻取りのようにして加筆がなされ、物語の筋ができるとそれに合うように絵の具が覆いかぶさっていく。以前の村井作品は写真で撮られた舞台の中を、小動物がうろうろするという構造が多かった気がする。言わば紙芝居的であった。今回、原画のようなものを同時展示できたのは、紙芝居装置からの脱出の方法として成功していると私は感じている。ところで、この原画のようなものから出発して、物語の方向性が見えてきた時に、もし物語の展開の面白み(物語のとりあえずの終結への欲望)に引きずられ過ぎて、イメージの尻取りとしてのぺインティングプロセスの生々しい実況中継が忘れられてしまうとすると、それも困る気がする。
 しかし物語の答えの見つからない嫌みに長々しい中継も村井らしくない。同時に、物語の答えが見えたら、やらせペンティングが長々しくならないように、主人公達はスピードをあげて早々と消えていくべきだろう。幸い「春眠まくら」は答えを見つけるスピードと答えが見つかった後に主人公が消えるスピードの両方をもっている。以上のような意味でのスピードについて、考えてみてはどうだろうか。

三脇康生 Yasuo Miwaki


今展キュレーター: 三脇康生 Yasuo Miwaki

1963年生
京都大学文学部美学美術史専攻、卒
京都大学医学部、卒
フランス政府給費留学生としてパリ第一大学科学哲学科博士課程留学後、京都大学大学院医学研究科博士課程、修了

[専攻]
美術批評、臨床精神医学、精神医学の倫理・歴史・哲学
[著作]
「精神の管理社会をどう超えるか?」(松藾社)
「ア−ト×セラピー潮流」(フィルムアート社)
「ナルシシスムを静かに破壊せよ」(ノマルエデション) 他