過去の展覧会

<

2003.4.5 sat - 4.25 sat

Nomart Projects #02_05
三宅砂織 Saori Miyake
点・滅  ILLUMINATION
  • オープニング・パーティー 2003.4.5 (谷本良子展と合同開催) sat sat 17:00 -



2003年2月8日からスタートしたNomart Projects#2の前半5回目、三宅砂織のCUBEでの個展 (谷本良子展と同時開催)。
ドットで描かれた境界が曖昧なイメージの大作のキャンバス作品4点と、透明ガラスに白インクでプリントされた版画作品4点(ノマルエディションより出版)を制作、発表。画中のイメージが空間に浮遊し溶け込んでいくかのような、繊細で緊張感ある展示となりました。

--
ノマルエディションの若手作家の発掘・育成プログラムとして2001年にスタートした「NomartProjects」。その第2弾として、今回は三脇康生氏(美術評論家, 精神科医)をキュレーターに迎え、ノマルエディション/プロジェクト・スペースのCUBEとLOFTの2会場において春に6人、夏に4人、計10人の若手作家の個展を開催。


前回#1ではグループ展+個展という形態でしたが、今回のプログラムは10作家、すべて個展での展覧会となりました。

各個展の狙いは、ある程度表現を持続させてきた若手作家が、いかに表現を見直し、展開させるのか、それを考察する瞬間につき合い、見守る─ノマルエディションが工房 (制作)・ギャラリー (発表)の場を与え、批評家としての三脇氏の用意する言葉を参照してもらう─ことにありました。

それぞれの作家のステートメントも伴いつつ、個展の度に企画者である三脇氏が文章を執筆し、発表されました。


[Nomart Projects#2 参加作家]
[前半]
中比良真子 Masako Nakahira / みやじけいこ Keiko Miyaji
村井美々 Mimi Murai / 馬場晋作 Shinsaku Baba
三宅砂織 Saori Miyake / 谷本良子 Ryoko Tanimoto
[後半]
梅木香里 Kaori Umeki / 児玉太一 Taichi Kodama
衣川泰典 Yasunori Kinukawa / 中西信洋 Nobuhiro Nakanishi



--
作家コメント

どうにかこうにか、あるいはそうせざるを得ないをして、私は自己意識を保とうとしている。
しかし、そうしようとすればするほど、私を規定する様々なものと、どんどん食い違っていってしまうことに気付き、戸惑う。
「それはこういうことである」という仮定は、ほとんど確証のない手がかりをもとにしていて、すぐに別の可能性により覆される。
ただ、この逆転がおこった一瞬だけ、空中に浮いた私の足場は、小さな点により支えられているのではないだろうか。

三宅砂織 Saori Miyake


--
ー 三脇康生より三宅砂織へ

慇懃無礼な筆を折るということ

他人の前で考えを述べるとき、どうしても公私混同しないと説得力に欠けることがある。ただし、その私事を聞いているうちに、腹が立ってくる場合も多い。その自己満足のお説に、へどを吐きかけたくなる経験は誰しも持っていよう。私も病院や大学に就職してからますますそのような場面にたくさんお目にかかっている。では納得できる公私混同と、子どもじみた見るに耐えない公私混同はどう違うのか。答えは簡単だろう。私事を述べる所作に、自分に「突っ込み」を入れる雰囲気があるかどうかに尽きる。私事を述べる時間と空間があることになんの疑いもなく受け入れていること、これが他人に吐き気を催させるのである。せめてその時間と空間に恥じらいを持ち自己批判の要素を持つべきだろう。
三宅の今までの作品を見てきて、自己満足風物語の醸し出されそうな図像がそれでも恥じらいを持っていることが気になっていた。もちろん、社会のマナーとしての恥じらいよりも、アートにおいてはその恥じらいはより具体化されねばならないのは勿論である。その具体化の三宅の方法は、引きこもりがちの描きこみとなっていた気がする。言わば慇懃無礼な筆が用いられていたわけだ。その筆を折れるか試してほしいと今回は要求した。十二分な描き込み、それは出来るが「敢えてしない」という決意を要求した。もちろん裏腹に作品が散漫になる危険性もある。今回は、綱渡りの方法として、三宅は絵具の滴り、ドットで描くという方法を採用した。散漫化に抗しながら、さらに装飾的なドット絵画、もの言いたげなドット絵画にはしない戦略が練られなければならない。それにはまさにドットで「突っ込み」を入れられたモチーフの「組み合わせ方」の研究こそが重要となる。それで初めて、慇懃無礼な筆が折られたことになるだろう。

三脇康生 Yasuo Miwaki


今展キュレーター: 三脇康生 Yasuo Miwaki

1963年生
京都大学文学部美学美術史専攻、卒
京都大学医学部、卒
フランス政府給費留学生としてパリ第一大学科学哲学科博士課程留学後、京都大学大学院医学研究科博士課程、修了

[専攻]
美術批評、臨床精神医学、精神医学の倫理・歴史・哲学
[著作]
「精神の管理社会をどう超えるか?」(松藾社)
「ア−ト×セラピー潮流」(フィルムアート社)
「ナルシシスムを静かに破壊せよ」(ノマルエデション) 他