過去の展覧会

<

2003.8.2 sat - 8.29 sat

Nomart Projects #02_07
梅木香里 Kaori Umeki
accumiation
  • オープニング・パーティー (児玉太一展と合同開催) 2003.8.2 sat sat 17:00 -



2003年2月8日からスタートしたNomart Projects#2の後半1回目、梅木香里のCUBEでの個展 (児玉太一展と同時開催)。
100 x 70cmサイズの作品を中心に、果物や野菜の断面を執拗な観察から導き出した線を少ない手数で描いた、大胆さと繊細さが内包された求心力ある銅版画を複数点制作・発表しました。

--
ノマルエディションの若手作家の発掘・育成プログラムとして2001年にスタートした「NomartProjects」。その第2弾として、今回は三脇康生氏(美術評論家, 精神科医)をキュレーターに迎え、ノマルエディション/プロジェクト・スペースのCUBEとLOFTの2会場において春に6人、夏に4人、計10人の若手作家の個展を開催。


前回#1ではグループ展+個展という形態でしたが、今回のプログラムは10作家、すべて個展での展覧会となりました。

各個展の狙いは、ある程度表現を持続させてきた若手作家が、いかに表現を見直し、展開させるのか、それを考察する瞬間につき合い、見守る─ノマルエディションが工房 (制作)・ギャラリー (発表)の場を与え、批評家としての三脇氏の用意する言葉を参照してもらう─ことにありました。

それぞれの作家のステートメントも伴いつつ、個展の度に企画者である三脇氏が文章を執筆し、発表されました。


[Nomart Projects#2 参加作家]
[前半]
中比良真子 Masako Nakahira / みやじけいこ Keiko Miyaji
村井美々 Mimi Murai / 馬場晋作 Shinsaku Baba
三宅砂織 Saori Miyake / 谷本良子 Ryoko Tanimoto
[後半]
梅木香里 Kaori Umeki / 児玉太一 Taichi Kodama
衣川泰典 Yasunori Kinukawa / 中西信洋 Nobuhiro Nakanishi



--
作家コメント

いくら写真を撮っても自分の目にしたものが表現されない、
そんないらだちを感じていました。

自分が手にし、目にした、色や匂いや形…
名前やイメージをはずれて物体としてのその形が見えてくる時があります。
誰の持つイメージもゆるさを増し、そんなに相違のないなかで
(それが事実とどれだけ近いか遠いかも確認できないようなことが多いけれど)
その一点において私はそれがそれだったことに気付きます。
まるで、冷たい水が冷めてそうなったのではなくもともと冷たかったことを知るような、
そんな感覚に陥ります。
ゆるいイメージを内包する自分が、その一点に立ち会う時、
それらのモチーフをただ追うことを通して自分の物の見方を再現しているように思います。

梅木香里 Kaori Umeki


--
ー 三脇康生より梅木香里へ

「減り張りではなく、放棄すること」

梅木の描く果物は省略が多いが、一部の詳しく描かれた部分とざっくばらんに放置された部分の対比が、見る人に快い風を送る。しかしこのように言うと、「女の子」の描くかわいい果物も片岡鶴太郎の描く野菜も大差は無くなる。だいたいに描かれたいい加減な果物や野菜の、かわいいブリッコ合戦は、今の日本の現代美術の至り着いた先の姿の一部であろう。しかし、そういうトッチャンボーヤ流日本現代美術には、もういいかげんにしてくれと言わねばならない。
画面に減り張りを付けるというような関心は梅木にはないと断言しておく。大袈裟に言うなら、世界の複雑といかにして出会うかという根本的な問が維持され続けているのである。そこいらに転がった果物の野菜の姿の中の一本の線を執拗に執拗に追うこと、ただそれだけで人間の視覚のまとまりが奪われるぐらいに充満した形が連続して出てくる。それが世界なのだ。そのことに驚き、線を追いかけることで出会う形の全てを、人間の視覚に都合良く浮き出たおさまりの良い形に押し込む詐欺が放棄される。
放棄せよ!それは諦めでも、戦略でもない。梅木の作品が、一種の強さを秘める時のポイントはここにある。

三脇康生 Yasuo Miwaki


今展キュレーター: 三脇康生 Yasuo Miwaki

1963年生
京都大学文学部美学美術史専攻、卒
京都大学医学部、卒
フランス政府給費留学生としてパリ第一大学科学哲学科博士課程留学後、京都大学大学院医学研究科博士課程、修了

[専攻]
美術批評、臨床精神医学、精神医学の倫理・歴史・哲学
[著作]
「精神の管理社会をどう超えるか?」(松藾社)
「ア−ト×セラピー潮流」(フィルムアート社)
「ナルシシスムを静かに破壊せよ」(ノマルエデション) 他