過去の展覧会

<

2003.9.6 sat - 9.26 sat

Nomart Projects #02_10
中西信洋 Nobuhiro Nakanishi
空洞と空白 Cave and Blanc
  • レクチャー (三脇康生 x Nomart Projects #2 後半メンバー) 2003.9.6 sat 15:00 -

  • オープニング・パーティー (衣川泰典展と合同開催) 2003.9.6 sat 17:00 -



2003年2月8日からスタートしたNomart Projects#2の最終回、中西信洋のノマルでの初個展 (衣川泰典展と同時開催)。
広いLOFTの床・壁・天井、そして空間をパルプを素材としたインスタレーションで埋め尽くした圧巻の展示。またLOFT2階では透明樹脂で作られた手のひらサイズの彫刻を50点展示。1階・2階でスケールは異なっても一貫したテーマで作られた、中西の力量を感じさせる展示となりました。

--
ノマルエディションの若手作家の発掘・育成プログラムとして2001年にスタートした「NomartProjects」。その第2弾として、今回は三脇康生氏(美術評論家, 精神科医)をキュレーターに迎え、ノマルエディション/プロジェクト・スペースのCUBEとLOFTの2会場において春に6人、夏に4人、計10人の若手作家の個展を開催。


前回#1ではグループ展+個展という形態でしたが、今回のプログラムは10作家、すべて個展での展覧会となりました。

各個展の狙いは、ある程度表現を持続させてきた若手作家が、いかに表現を見直し、展開させるのか、それを考察する瞬間につき合い、見守る─ノマルエディションが工房 (制作)・ギャラリー (発表)の場を与え、批評家としての三脇氏の用意する言葉を参照してもらう─ことにありました。

それぞれの作家のステートメントも伴いつつ、個展の度に企画者である三脇氏が文章を執筆し、発表されました。


[Nomart Projects#2 参加作家]
[前半]
中比良真子 Masako Nakahira / みやじけいこ Keiko Miyaji
村井美々 Mimi Murai / 馬場晋作 Shinsaku Baba
三宅砂織 Saori Miyake / 谷本良子 Ryoko Tanimoto
[後半]
梅木香里 Kaori Umeki / 児玉太一 Taichi Kodama
衣川泰典 Yasunori Kinukawa / 中西信洋 Nobuhiro Nakanishi



--
作家コメント

空洞−うつろ、ほら穴、体内の組織の一部が破壊されてできたほら穴。
空白−紙などの何も書いていない部分。価値や意味内容が何もないこと。

空洞はなにかの内部、空白はその外側、表面はそれらの間を仕切る。表面にある隙間を通じて空洞と空白を行き来する。あるモノの内と外にある世界を意識する。空間は無限に広がる。
世界をネガで見る。
世界が遠くまで続いていく。

中西信洋 Nobuhiro Nakanishi


--
ー 三脇康生より中西信洋へ

ドローイングにこそ見えている野蛮さを、彫刻でも展開させる方法について

彫刻科出身の中西の作品を見てきて、不思議だったのは、ドローイングにこそ一貫性を感じ、強さを感じるのにもかかわらず、彫刻作品ではその本質が問題とされる前に、80年代風の作品とも誤解されかねない主題が前面に出た様子しか捉え難かったということがある。
そのドローイングの一貫性とは、ものとものの透き間を強引に並列させることで、ものは我々の常識の中にある存在感を失い、透き間もただの単純な余白であることを止めて、ものと透き間のそれぞれが歩み寄って繋がることにあろう。しかし例えば、あの車の窓枠の面積の大きさは、ものとものの透き間を強引に並列させる経験に我々を導きうるが、それが彫刻化された時、展示空間を他人任せにすると、いきおい車をモチーフにした消費文化に根を降ろした現代美術に見られてしまう危険性がある。ところでものと透き間のその繋がり所は、3次元空間にはなく、しかしもちろん平面構造にもなく、4次元と言って良いのか、卑俗なここにはなく、かと言って聖なるあの世にもなく、それこそ80年代風の言葉を使えば宙吊りにされているのだが、そんな概念を使うだけで満足しているようでは、本当に80年代風で終わってしまう。結局は、彫刻化された時、展示空間を他人任せにする「退き」が、世の中の消費文化を招き込んでいるのは確実だから、それを大きな作品で遮断し、展示空間自身を、ものと透き間のその繋がり所自体にしてしまうことが課題であったことが分る。もちろんあの時代も、大きな作品を作ることが、バブル風に賞揚もされたが、中西の場合、ものとものの透き間の繋がる場を発生させることで、いわゆる宙吊り状態とはいかなるものか、その例を提出することが課題だった訳で、渋い哲学用語を使って後はいたずらなお祭り精神に基づく作品を作ることとは全く異なる作風であることを銘記しなければならない。我々は、今ここに、ものとものの透き間を強引に並列させる現場を目の当たりにするはずである。

三脇康生 Yasuo Miwaki


今展キュレーター: 三脇康生 Yasuo Miwaki

1963年生
京都大学文学部美学美術史専攻、卒
京都大学医学部、卒
フランス政府給費留学生としてパリ第一大学科学哲学科博士課程留学後、京都大学大学院医学研究科博士課程、修了

[専攻]
美術批評、臨床精神医学、精神医学の倫理・歴史・哲学
[著作]
「精神の管理社会をどう超えるか?」(松藾社)
「ア−ト×セラピー潮流」(フィルムアート社)
「ナルシシスムを静かに破壊せよ」(ノマルエデション) 他