過去の展覧会

<

2004.2.14 sat - 3.13 sat

豊富春菜 Haruna Toyotomi
印象の姿見 The Mirror of Impressions
  • オープニング・パーティー 2004.2.14 sat 17:00 -



2001年に行われた若手作家発掘支援プロジェクト「Nomart Projects 2001」での個展以来、約2年半ぶりの展覧会開催となりました。

豊富春菜は主に映像を用いた作品を制作してきました。日常的な風景や事象をとらえた映像を、大胆なトリミングや油彩による加筆等によって減算、加算する事で映像の意味性を排除し、質感や色彩を抽出するかのような独自の作品世界を創出してきました。
今展では、インクジェットプリンターで出力した映像+オイルペインティングのオリジナル作品に加え、新たに111点組の写真作品や立体作品など、新たな試みとなる新作を発表しました。



作家コメント

とりとめもなく流れる風景を車窓から眺め続けたり、ギュッと詰まった花びらの中心を覗き込んだり、今さらですが、見て楽しむ対象との距離は一定ではないと思うようになりました。
視線を投げかける代わりにカメラでなぞり、写真と向き合うことによって、無意識の内にとっていた対象との関係を自覚することができるのではないかと思います。
今回の展覧会では、写真と写真に油彩を施した作品を対比する事によって、どう見ていたのか、どう見たいのかを確認できればと思います。

豊富春菜 Haruna Toyotomi