過去の展覧会

<

2004.4.3 sat - 5.15 sat

伊庭靖子展
Yasuko Iba Solo Exhibition
  • オープニング・パーティー 2004.4.3 sat 17:00 -



1999年以来約3年ぶりとなった伊庭靖子の展覧会。2001年から1年間文化庁派遣芸術家在外研修員としてニューヨークで活動後、関西での初個展となりました。

今回の展覧会にむけて制作された150号サイズの新作タブローの展示ほか、新しい技法を取り入れた新作版画作品をノマルエディションより出版。前回の個展時からスケールアップしたギャラリースペースで海外での経験を遺憾無く発揮した展覧会となりました。



作家コメント

モノの質感と光に興味があります。モノの材質によって反射光が変わり、その光によってモノの材質が浮かび上がってきます。包み込むようなやわらかい光や、宝石のような強い光、吸収されてしまうような光など。様々なモノに囲まれて暮らしている私たちは、様々な光の交差している中に居ます。その光をひとつひとつ取り出し、素材感を浮かび上がらせることで、モノがモノでなくなり光が増殖していく様を、油彩と版画により表現していきたいと思っています。

伊庭靖子 Yasuko Iba