過去の展覧会

<

2005.1.15 sat - 2.16 sat

植松奎二 Keiji Uematsu
浮遊するものへの憧れ Yearning for what is floating
  • オープニング・パーティー 2005.1.15 sat 17:00 -



今回発表する作品は、大理石を掘り出してつくった「石」の彫刻作品、さらに大理石による「鉱物の結晶体」と鉄、銅、真鍮といった金属を組み合わせた彫刻作品で構成されています。
前回の当ギャラリーにおける展覧会「植松奎二展ー軸・経度・緯度」('02年9月)以降、植松は映像と立体に夜「インスタレーション」を中心に国内外で発表を行ってきましたが、今回の展覧会ではもう一度原点に立ち返り、「彫刻作品」を中心に展示をしたいとの主旨により、力の入った新作での発表となりました。


[展示の内容について]

■ CUBEでの展示
ー石のあることをテーマにしたインスタレーション 大理石の彫刻ー

「何故一つの石が存在するのか、何故石は落下するのか」
床には大理石で出来た自然石のような丸い石が点在。四角い原石から自然石(の形)を掘り出すという、まさに彫るということの原点、かたちづくることの原点にもどってつくられたものです。
それらの石はすべて床から浮いたようにあり、石の存在や、浮遊のかたちがあります。目に見えない重力を目で確かめることのできる"重力のかたちの場"がそこには存在します。

■ LOFTでの展示
ー鉄のテーブルと大理石で出来た鉱物の結晶体による彫刻ー

「まちがってつかわれた机ー軌道」
机の上になにげなく置かれた鉱物の結晶体と鉄の輪の関係ーそこには地球の存在の根源的な物質と目に見えない重力、引力の関係が存在します。

「まちがってつかわれた机ー隕石孔」
地球に落ちたかのような隕石とクレーターとの関係ー地球と宇宙との関係を含んだ視点でつくられた彫刻作品です。

「まちがってつかわれた机ー放射」
結晶体と机の穴からのびる無数の真鍮パイプの関係ー地球の重力によってしなるかたち、水平と垂直、重さとバランス、ものの存在の危うさが示されます。

ー浮遊するものへのあこがれをテーマにしたdrawingー
また、ロフトの壁面には黒々とした鉛筆だけで描かれた大きなドローイングを展示。描くということの原点にもどった素描作品となります。



作家コメント

僕は以前から根源的なものや、原初的なもの、宇宙的な力に対する素朴な関心があった。それらは自然や地球、宇宙といった大いなるものに囲まれている人間存在に対する関心に通じるものがある。
物の構造と地球の存在そのもの、人間の存在そのものにかかわる重力や引力という普遍的な見えない力の法則から、世界の構造、存在、関係をよりあらわに見えるようにして何かを発見したい、新しい意義を見いだしたい、人間と人間との関係をつくり出していきたいと思いながらいつも制作している。

植松奎二 Keiji Uematsu