過去の展覧会

<

2005.2.26 sat - 3.26 sat

中西信洋 Nobuhiro Nakanishi
彫刻の単位 Pileup Motif
  • オープニング・パーティー 2005.2.26 sat 17:00 -


  • *「大阪・アート・カレードスコープOSAKA05」(大阪府主催)の協賛事業として開催


2003年のノマルプロジェクト#2での個展以降、精力的に発表してきた中西ですが、2004年当ギャラリーで開催されたMultiples展では新たな展開として35mmスライドを使い、透過して見るとレイヤー構造を持ちながらモチーフとなる物体の動き、時間まで内包したかのようなマルチプル作品"Layer Drawing"9点を発表しました。

今回の展覧会ではさらに72点の"Layer Drawing"シリーズの新作を加え、合計81点のマルチプルとしてCUBEで展示。
さらに、昨年より挑戦しているシルクスクリーンによる版画作品をLOFT全体に展示。独特のドローイングの感覚を保ちつつ、版画ならではと言える表現の仕上がりとなりました。また合わせて版画作品とリンクするモチーフの彫刻作品"Pileup Motif"シリーズが発表されました。

この展覧会と同時期に東京のINAXギャラリー2でも個展を開催。注目の高まりつつある中、東西での発表の機会となりました。



作家コメント

人は古くから、身近にあるものを使って絵を描き、形を刻んできた。

今の私が身の回りにあるもので彫刻を作る。彫刻を構成する単位。


中西信洋 Nobuhiro Nakanishi