過去の展覧会

<

2005.10.29 sat - 11.27 sat

稲垣元則 Motonori Inagaki
sequence
  • オープニング・パーティー 2005.10.29 sat 17:00 -



稲垣元則は2004年の当画廊での展覧会において、100点をこえるドローイングとデカルコマニーの手法を取り入れた150号のタブロー、映像作品、そして白紙の本のページにドローイングするという、ある一つの流れを持ったドローイング集を発表しました。

今回は前回の展覧会以降、意欲的に発表している映像作品の新作を軸に、cubeで映像作品、loftで手焼きのモノクロ写真作品を展示。
映像と写真という2つのメディアを用い、双方を行き来しながらイメージを再編集することで、動画とモノクロ写真がお互いに関連づき、補完し合いながら、一つの連続性をもつシーケンスとして構成されました。



作家コメント

制作のまっただ中にいると絵をつくること、写真をつくること、映像をつくること、それらそれぞれの区別がつかなくなってしまうことがある。
むしろ写真や映像作品のほうが絵らしく思えるときもある。
それは多分、私が絵のことは絵ではないと思っていて、写真や映像は絵だと思っているからだろう。

稲垣元則 Motonori Inagaki