過去の展覧会

<

2006.5.20 sat - 5.27 sat

中原浩大 Kodai Nakahara
print, photo, drawing


当ギャラリーでは初、自身もまた2001年の豊田市美術館でのテーマ展から5年ぶりとなる中原浩大の個展を開催。
今展では会期を2回に分け、様々な手法で表現される中原の作品をご覧いただく内容となりました。

初回となる今展では、loftで新作ドローイングを発表。全紙を組み合わせた大画面に、クレヨンや水彩で描く新作ドローイング2点ほかを展示。loftの広い空間一杯に、中原の独創的なイメージ世界が展開しました。

cubeにおいては、1995年にノマルエディションより出版された版画を展示。画面の半分だけイメージをプリントした「Half Piece of Simmetry」と題されたシルクスクリーンによるプリントや、3色のドットのデジタルデータを印画紙にプリントした写真作品「TV」など、工房とのコラボレーションにて創られた版画は、時を経てもなお鮮烈さを失わない魅力を放ちました。
あわせて、関西では初の発表となる写真作品を展示。新旧織り交ぜ様々な手法で制作された作品の数々をご覧いただける貴重な機会となりました。