過去の展覧会

<

2008.1.12 sat - 2.2 sat

Nomart Projects #04
ログズギャラリー ROGUES' GALLERY
827 DRIVES
  • オープニング・パーティー 2008.1.12 sat 17:00 -

  • トーク・セッション ログズギャラリー × 木ノ下智恵子 × 林 聡 2008.1.12 sat 18:00 -

2001年より2年に1度、外部キュレーターともに企画・開催する展覧会“ノマル・プロジェクト”の第4弾として、プロジェクト型企画を多く手掛けるプロデューサー、木ノ下智恵子氏を招聘。そしてアーティストは、「旅」をモチーフとして日本各地で作品“ガソリンミュージック&クルージング”を展開しているログズギャラリー (浜地靖彦, 中瀬由央)。

車・シトロエンXM-Xに搭乗者2名 (または1名)を乗せ、独自の音響システムによる“サウンド=車の走行音”とともに夜の街をクルージング、車内という限られた空間で視覚・聴覚・身体で感じるあらゆる要素を凝縮させた一度限りの体験を作品として提示する彼らですが、ギャラリースペースで平面作品を発表するのは同展が初となりました。

“進化する記録”、そして“編集 (エディション)”というテーマの元、彼らのコンセプトをベースに“日本横断プロジェクト”にスポットをあて、キューブでは車載定点カメラがとらえた“ガソリンミュージック&クルージング”実施時のビデオを素材とする映像作品を展示。ロフトでは『ガソリンミュージック&クルージング,日本横断,2006-2008』の軌跡を視覚化した、GPSデータを素材とする大規模なインスタレーションが展開されました。
また827回に及ぶ各ドライブデータを元としたエディション作品の出版や、これまでの記録類・資料のアーカイブの展示など、ログズギャラリーの知られざる一面をご覧いただける内容となりました。


--
「ライブからソロアルバムへ」 木ノ下智恵子 Chieko Kinoshita

ログズギャラリーの『ガソリンミュージック&クルージング』は、日常的な行為である「車によるドライブ」を独自の音響システムで異化し、聴覚のみならず、移り変わる風景や身体に伝わる振動を通じて作品を体感する、オリジナルの楽器あるいは音響/映像装置によるライブと言える。この空間装置の特性として、フィールドとなる地域の風土や都市の環境、そして季節の景色や空気感といった、あらゆる要素が重要であり、かつ、車内の限られた空間に同乗する人々との間合いや対話も一部となるという点で、双方の作法で時間と空間が成立する「茶道」にも通じているように思う。
 私は、『ガソリンミュージック&クルージング』の初代車(ジムニー)時代から、シトロエンの大阪でのドライブ、チューンアップされた新生シトロエンによる日本列島の横断プロジェクトの現在まで、何度もドライブを体験したが、一度たりとも同じように感じた事は無く、毎回、自身の眠っていた知覚に気付かされる。
 従来のアーティストの活動や作品では、常に新作を期待され、新たな展開が求められるが、ログズギャラリーの『ガソリンミュージック&クルージング』は、彼らが、いぶし銀の爺様になっても続けて欲しい秀作だ。
 そんな、「車」と「道」を表現の場に究極のライブパフォーマンスを展開してきたログズギャラリーが、『ガソリンミュージック&クルージング, 日本横断, 2006-2007』を始動。車の整備場所となった北海道を皮切りに、青森、豊田、横浜、高松、和歌山、淡路島、広島、高知、倉敷、大阪、丸亀、福岡などの各都市で『ガソリンミュージック&クルージング』を軸に、デモンストレーション、トークショーなどを行ってきた。
 また、この旅では車内にビデオカメラとGPSを設置し、ドライブの軌跡や映像及び車内の音声等を記録し続けており、現時点に於いて、すでに膨大な旅の記憶となっている。
 恐らく彼ら自身は、プロジェクトを始動させた当初から[記憶/記録を作品化する]という戦略的な意識は無かっただろう。ただし、この記憶の集積は、単なるドライブレコーダーではなく“新たな何か”に成り得ることは直感的に感じていたに違いない。そして、プロジェクトのデータとしてのドキュメントやアーカイブに留まらず、別格の作品に昇華させるためには、正面を切って活動の軌跡を編集/加工する、第三者の客観的示唆や技術が必要であることも熟知していただろう。
 それは、様々な手法のフィールド・レコーディングによって集積された音源を元に作曲する現代音楽家の制作法にも通じる一方で、ライブの醍醐味とは別の次元で自らの作品性を問い直す機会として、プロデューサーや各種プロフェッショナルなスタッフとのミーティングを重ね、スタジオに蘢り、あらゆる技術や環境を使いこなして、ソロアルバムを創るプロセスに似ているのかもしれない。
 『ガソリンミュージック&クルージング』の真骨頂は、ドライブ(ライブパフォーマンス)であることは揺るぎない。しかしながら、ログズギャラリーというアーティストにとって、展覧会という初のソロアルバムを如何に創り上げるかは、出来事という時間や場所を取り扱うプロジェクト型アートの新たな指標を示すことにも繋がっている。
 その可能性を現前させることが、今回のノマルプロジェクトの主眼だ。
 未だ、ソロアルバムの全貌は明らかになってはいないが、先日、作品(楽曲)の一つである『DRIVES』の試作を見た。
 かつて、伊能忠敬が日本を隈無く歩いて計測/形成した日本地図がそうであったように、ログズギャラリーは『ガソリンミュージック&クルージング』で五感を刺激する格好の体験を通じて作品を個人の身体に記憶させ、更に、新生シトロエンという絵筆を用いて日本固有の地形を描き出し、日本横断のライブツアーを重ねた何層もの旅の記憶(プロジェクト・ドローイング)によって、まるで身体に流れる血潮のように有機的な地脈の様相を露にしていた。
 さて、この他にもドンドン作品(楽曲)が創られている。どんなフルアルバムが仕上がるのか、今から視聴が楽しみだ。


木ノ下智恵子 Chieko Kinoshita (今展キュレーター)
現在、大阪大学コミュニケーションデザイン・センター(CSCD)特任講師、神戸アートビレッジセンター(KAVC)美術プロデューサー、京都嵯峨芸術大学、京都精華大学、京都造形芸術大学非常勤講師。主な企画に、『松井智惠個展「彼女はうそをつく。」』、『島袋道浩個展「帰ってきたタコ」』や若手芸術家の育成プログラム「神戸アートアニュアル」。アートマネジメントの実践「芸術環境整備事務所」。魅力的なまちづくりの実験「新開地アートストリート」などがある。その他の活動に『湊町アンダーグラウンドプロジェクト』、『NAMURA ART MEETING'04-'34』、各種媒体への寄稿など。