過去の展覧会

<

2008年1月12日(土)- 2月2日(土)

ノマル・プロジェクト #04 / ログズギャラリー 展「827 DRIVES」
  • オープニングパーティー 1月12日(土)17:00〜

  • トークセッション ログズギャラリー × 木ノ下智恵子 × 林 聡 1月12日(土)18:00〜

2001年より2年に1度、外部キュレーターともに企画・開催する展覧会“ノマル・プロジェクト”の第4弾として、プロジェクト型企画を多く手掛けるプロデューサー、木ノ下智恵子氏を招聘。そしてアーティストは、「旅」をモチーフとして日本各地で作品“ガソリンミュージック&クルージング”を展開しているログズギャラリー(浜地靖彦、中瀬由央)。
車・シトロエンXM-Xに搭乗者2名(または1名)を乗せ、独自の音響システムによる“サウンド=車の走行音”とともに夜の街をクルージング、車内という限られた空間で視覚・聴覚・身体で感じるあらゆる要素を凝縮させた一度限りの体験を作品として提示する彼らですが、ギャラリースペースで平面作品を発表するのは同展が初となりました。
“進化する記録”、そして“編集(エディション)”というテーマの元、彼らのコンセプトをベースに“日本横断プロジェクト”にスポットをあて、キューブでは車載定点カメラがとらえた“ガソリンミュージック&クルージング”実施時のビデオを素材とする映像作品を展示。ロフトでは『ガソリンミュージック&クルージング,日本横断,2006-2008』の軌跡を視覚化した、GPSデータを素材とする大規模なインスタレーションが展開されました。
また827回に及ぶ各ドライブデータを元としたエディション作品の出版や、これまでの記録類・資料のアーカイブの展示など、ログズギャラリーの知られざる一面をご覧いただける内容となりました。