過去の展覧会

<

2008.2.9 sat - 3.8 sat

名和晃平 Kohei Nawa
TORSO
  • オープニング・パーティー 2008.2.9 sat 17:00 -

名和の彫刻制作の原点ともいえるトルソをモティーフにした立体、平面作品を発表。
自身も実感する現代社会での“触覚性の麻痺”を作品として顕在化した、フィジカルな感覚としてのトルソ。そして消費のための刺戟で満たされ、“虚ろで機能しなくなったスペクタクル”。この二点をテーマに、ロフトでは「Scum」シリーズの最新作、“Scum-Compulsion”を出品。広いロフトの空間を埋め尽す大規模なインスタレーションとなりました。
またキューブでは新しい試みとして、シルクスクリーンを用いて制作された、身体性・即興性のあるドローイング作品が発表されました。