過去の展覧会

<

2008年5月31日(土)- 6月28日(土)

稲垣元則 展「distance」
  • オープニングパーティー 5月31日(土)17:00〜

“眼差し”の所在とその現れ方に焦点を当て、より意識的に稲垣自身の物の見方、捉え方を反映させるためのスケール、フォルムを選択した新作を発表。
視覚の範囲を意識したフォルムと、圧倒的なスケールで投影される映像作品。その作品と対をなす液晶モターでの映像作品。また、これまで続けてきた手焼きでの写真作品制作の範囲を大きく上回るラージサイズでのプリント作品や、今回のコンセプトに合わせてフォルムを限定し、敢えて自らに課した枠組みの中で新たな創作を試みたドローイング作品など、自身の“眼差し”の視覚化をこれまでになく一貫したテーマで試みた、自分自身の殻も破ろうとする意欲的な展示となりました。

-Artist’s Statement-

目に見えないもの。言葉にできないもの。
そういった何かわからないものの形を捉えたいとおもっている。
それは心の凹凸であるとか、人の持っている記憶の感触や、それらの背後にあるなにか異様なもの、多分知っているけれどもわからない何かである。そこには自分や日常生活とは何らかの距離があると思う。
そしてそれぞれの関係性とそれらの距離を測りながら言葉にできないものの輪郭を地図のようにゆっくり描く事が出来るだろうと考えている。
映像や写真に写っている現実的な被写体(風景や人物など)を抽象的に再構築する事で、物のなかに何か別の側面を浮び上がらす事ができるのではないだろうか。
目にみえないものや言葉にできないものが、それが遥か遠いものなのか意外と近いところにあるのかが解ってくるはずである。

稲垣 元則