過去の展覧会

<

2009.6.8 sat - 7.4 sat

植松奎二 Keiji Uematsu
螺旋の気配から − 浮 Touch of Spiral - Floating
  • オープニング・パーティー 2009.6.8 sat 17:00 -

今回の展覧会では、絶対的であり、地球上に生きる私達と切っても切り離すことの出来ない“重力”や、宇宙の神秘的な法則である“螺旋”と人間との関係をテーマとした、さまざまな立体・平面作品が新たな展示空間に展開されました。高さ4mもの大作も出品。その場では私達が普段気にとめることのない、目に見えないエネルギーに満ち満ちた特別な空間となりました。


作家コメント

世界の構造、存在、関係をよりあらわに見えるようにして何かを発見したい。
見えないものを見えるようにしたいといつも思いながら制作してきた。
それはときには物と物とのあいだにある重力、引力といった目に見えない普遍的な力への関心であったり、根源的なるものと、宇宙的なる力への素朴な関心である。
そして、自然や地球、宇宙といったものに囲まれている、人間の存在に対する問いかけである。

今回の個展では、宇宙の神秘的な法則であり、宇宙を支配する螺旋と、引力や重力がなければ我々が生きていくことが出来ない地球との関係から、地球と宇宙、自然と人間の存在にかかわる関係を示すような、小さな宇宙空間を画廊の中に創り出すことを考えている。

植松奎二 Keiji Uematsu