過去の展覧会

<

2010年4月3日(土)- 5月1日(土)

片山雅史 展「螺旋 / 風景」
  • オープニングパーティー 4月3日(土)17:00~

  • ライブパフォーマンス(.es)"Night of Railway"  2010年4月23日(金)19:30~ ¥1,500.(Inc.1 drink)

同展では、作家自身、まったく新しい試みとして、筆(墨)を用い、和紙などの薄く柔らかな支持体に、自然界の生成規則を手掛りに導き出された“線”が、幾重にも交差し無数に増殖する様を描いた大規模な作品を発表。シンプルでありながら深く観るものを引き付ける、連作をはじめ、内と外とを結ぶ画廊外壁へのウォールドローイングも行いました。

-Artist’s Statement-
目の前に拡がる自然の光景、網膜に映る様々な形
何を見ているのか、何を見ようとしているのか?
けっして細部ではなく、そして全体でもない
どこかを見ているが、どこも見ていない

光と闇の狭間、
時間の経過に隠された生命のリズム 
自然のなかの無限の造形
増殖し続けるそのありよう

数年前より墨やインク、鉛筆といった素材で線画を描いています。
秩序と渾沌を併せ持つ線の集積で景色画を描いています。
たくさんの線と無数の螺旋の重なりが新たなイメージを紡ぐ。
見ることを超えた知覚体験に関心を持って描いています。

片山雅史