過去の展覧会

<

2001.3.3 sat - 3.8 thu

Nomart Projects 2001 Project 1 vol.3
坂川 守 Mamoru Sakagawa / 名和晃平 Kohei Nawa / 髙橋耕平 Kohei Takahashi / 宮崎陽平 Yohei Miyazaki
イメージと物質性 Image and Materiality
  • レクチャー (清水 穣+出品作家) 2001.3.3 sat 16:00 -

  • オープニング・パーティー 2001.3.3 sat 18:00 -


"Nomart Projects 2001 / Project 1:4つのテーマによる4つのグループ展"の3回目、坂川 守・名和晃平・髙橋耕平・宮崎陽平の4名による展覧会。
特異な質感を感じさせるペインティングの坂川、単色のボールペンで有機的なフォルムを緻密に描き込んだドローイングの名和、抽象的なイメージの写真にグラファイトで描画を加える高橋、ユーモラスなイメージと質感が美しい銅版画の宮崎。4者4様の質感を感じさせるバラエティーに富んだ展示となりました。

--
[若手作家育成プログラム / Nomart Projects 2001]

今年度、プロジェクト・スペースでは新人作家の展覧会を開催いたします。これらは現在までのレギュラー作家以外の新人発掘の意味もありますが、単なる発表会ではなく、自分の作品を人に見てもらい、評価をもらい、さらに購入してもらう…という美術家のプロセスを、若い作家と工房が共同で実践していく試みでもあります。
共同企画者は、評論家・清水 穣(しみず・みのる)氏。昨年1年をかけて、清水氏は主として関西圏の各美大をまわり、在校生・卒業生の作品を実際に見て、作家本人とも話し合った上で出品作家を選定。関西の若手の「今」を凝縮し、新しい文脈を探る展覧会企画となっています。

「プロジェクト1」では、プロジェクトのスタートにあたり、4つのテーマによる4本のグループ展を開催。各テーマにつき1週間の会期、2/17より毎週土曜日オープンで、その日に清水氏による各テーマに沿ったレクチャーを毎回行います。
「プロジェクト2」では、春〜秋にかけて、1作家約1カ月の会期で、4作家の個展を開催。この際、オープンの1週間前の土曜日に、マスコミ各社やディーラーへの紹介を意図とした「内覧会」を開きます。


[Project 1:4つのテーマによる4つのグループ展]
「vol.1 イメージ・オン・イメージ」2002.2.17 sat - 2.22 thu
 前田朋子 Tomoko Maeda
 大崎宣之 Nobuyuki Osaki
 中塚政裕 Masahiro Nakatsuka
「vol.2 アバウト・ペインティング」2002.2.24 sat - 3.1 thu
 喜多順子 Yoriko Kita
 小川茂雄 Shigeo Ogawa
 山田勝洋 Katsuhiro Yamada
 川手 華 Hana Kawate
「vol.3 イメージと物質性」2002.3.3 sat - 3.8 thu
 坂川 守 Mamoru Sakagawa
 名和晃平 Kohei Nawa
 髙橋耕平 Kohei Takahashi
 宮崎陽平 Yohei Miyazaki
「vol.4 アバウト・フォトグラフィー」2002.3.10 sat - 3.15 thu
 草野晶子 Akiko Kusano
 奥野 規 Tadashi Okuno
 稲垣元則 Motonori Inagaki

[Project 2:4人の新人作家による個展]
「vol.1 古川智大 Tomohiro Furukawa」2002.3.30 fri - 4.26 thu
「vol.2 政田武史 Takeshi Masada」2002.5.18 sat - 6.14 thu
「vol.3 田中朝子 Asako Tanaka」2002.7.13 sat - 8.9 thu
「vol.4 豊富春菜 Haruna Toyotomi」2002.10.5 sat - 11.3 thu



--
映像という非物質的なものが漲らせる「リアルさ」を支えるのは、物質性なのか?絵の具、インク、印画紙といった物質を、作品制作の鍵としているような作家を選んだ。参考作品として北野裕之のオイル・オン・フォトの仕事も展示した。また坂川守は2001年度の神戸アートアニュアルへ選抜され、プロジェクトから一つ発展させることが出来た。

清水 穣 Minoru Shimizu


今展キュレーター: 清水 穣 Minoru Shimizu

1963年東京生まれ
東京大学大学院修了後、1988-1991年ドイツ政府給費留学生としてドイツ留学、1992年から同志社大学で教える。1998 - 2000年ケルン大学客員研究員として再びドイツに滞在。
主な専攻分野は現代音楽論、写真論。BT美術手帖、InterCommunication などに批評や展覧会評を掲載する。
主な著訳書に『写真論・絵画論 ゲルハルト・リヒター』(淡交社, 1996年)『シュトックハウゼン音楽論集』(現代思潮社, 1999年)『ゲルハルト・リヒター・一つの基本モデル』(ワコウ・ワークス・オブ・アート, 2001年)など。