韮澤アスカ Asuka Nirasawa 個展「ORIGIN」作品リスト

購入申込・お問い合わせ:info@nomart.co.jp
作品タイトル・お名前・ご住所・お電話番号・メールアドレスをご記載のうえ、上記のメールアドレスにご連絡ください。
表示価格は2017年3月時点での税別価格です。価格は残部数により変更いたします。
*送料・振込手数料はご負担願います。

← 展覧会詳細へ戻る
「ORIGIN」
2016年に南アフリカのBag factory artists studioアーティスト・レジデンス・プログラムに参加した。
その時に制作したポートレイト作品、動物作品、インスタレーション作品の3部で空間を構成している。
“ a medium of a requiem in a cell ”

- 8人のポートレイト -
肌や瞳や髪の色、また言語や宗教や文化も異なる様々な人種のアーティスト達に協力してもらい、作品の一部になってもらった。アフリカンデザインの布を現地で集め、実際の部屋を何枚もの布で覆って、その背景を前にモデルを撮影した。人物の表情、感情、人格は有機的な形態と強い色彩で覆い尽くされ、全てが記号化されて空間に溶け込む。背景の布のモチーフは円の図柄で構成される柄のみを集めた。永遠に繰り返される円は、終わる事のない輪廻をメタファーとする。
ポートレイトの人物は媒体(medium)となり、現実と虚構の狭間で曖昧なレイヤーを生み出す。虚構か現実か、境界線は曖昧なまま、背景、人物、モチーフが何層ものレイヤーになる。静寂に包まれたcell(部屋)の中に閉じ込められた媒体は葬られ、鎮魂歌(requiem)と共に死を迎え、色彩の激しいエネルギーの中に静寂を作り出す。
a medium of a requiem in a cell 1
ink, acrylic and pigment print on Kakita
106 x 148.6 cm, 2017
¥ 1,200,000.-(tax excluded)
Frame: ¥ 78,600.-(tax excluded)
a medium of a requiem in a cell 2
ink, acrylic and
pigment print on Kakita
106 x 75.8 cm, 2017
sold out
a medium of a requiem in a cell 3
ink, acrylic and
pigment print on Kakita
106 x 75.8 cm, 2017
¥ 600,000.-(tax excluded)
Frame: ¥ 47,880.-(tax excluded)
a medium of a requiem in a cell 4
ink, acrylic and
pigment print on Kakita
106 x 75.8 cm, 2017
¥ 600,000.-(tax excluded)
Frame: ¥ 47,880.-(tax excluded)
a medium of a requiem in a cell 5
ink, acrylic and
pigment print on Kakita
106 x 75.8 cm, 2017
¥ 600,000.-(tax excluded)
Frame: ¥ 47,880.-(tax excluded)
a medium of a requiem in a cell 6
ink, acrylic and
pigment print on Kakita
106 x 75.8 cm, 2017
sold out
a medium of a requiem in a cell 7
ink, acrylic and
pigment print on Kakita
106 x 75.8 cm, 2017
sold out
a medium of a requiem in a cell 8
ink, acrylic and
pigment print on Kakita
106 x 75.8 cm, 2017
¥ 600,000.-(tax excluded)
Frame: ¥ 47,880.-(tax excluded)
“ origin of virtual species ”

- 5体の生物 -
生物の表皮は背景の部屋の色柄に変色同化し、現実的には存在しないサイズ感である。動物が肥大化したのか小さな部屋に閉じ込められたのかは謎である。
表面のぷっくりした粒は、変温動物の4体は卵、恒温動物の象は装飾と神話をメタファーとし、集合体となりレイヤーを作り、スクリーンの様に画面を区切る。鑑賞者は入っていけそうな部屋に入る事はできない。生き物は触れられそうで触れられない。手前の表面の粒のみが触感を与え、視覚と触覚の間を往来する。

これら5体の動物は、古代より西洋と東洋における、様々な象徴として扱われて来た。時に人間の精神世界の原型と見なされ、また宗教や儀式、諺に使われ、神聖なものとして邪悪なものとして、見なされてきた。作品のタイトルにはダーウィンの「種の起原」(英語表記:origin of species)を拝借し、そこにvirtual(仮想)を付け加えた。生物は環境に応じてその性質を変化させ、環境に適応した個体だけが生き残る、というものである。つまり「自然に選択される」訳で、我々が「自然を選択する」わけではないのである。

実際に撮影した部屋素材と生き物の画像。実像と虚像の入り交じったこの作品は、仮想空間と現実の世界がごちゃ混ぜになり、小さな箱に閉じ込められたかの様な感覚がする現代社会の様だ。日々ソーシャルメディアにどっぷり浸かり、仮想と現実の境界線をはっきりと知覚できないまま、自身を環境に適応させていく。自然=環境に選択される我々は、今後も環境に変色同化して、種を保存するため、変化に対応してくのだろう。
この5体の生物達の様に。
origin of virtual species 5
ink, acrylic, lame glitter and pigment print on Kakita
75.8 x 106 cm, 2017
¥ 1,000,000.-(tax excluded)
Frame: ¥ 47,880.-(tax excluded)
origin of virtual species 4
ink, acrylic, lame glitter and
pigment print on Kakita
* with wooden frame
34.6 x 42.2 cm, 2017
sold out
origin of virtual species 3
ink, acrylic and
pigment print on Kakita
* with wooden frame
34.6 x 42.2 cm, 2017
¥ 250,000.-(tax excluded)
origin of virtual species 2
ink, acrylic and
pigment print on Kakita
* with wooden frame
34.6 x 42.2 cm, 2017
sold out
origin of virtual species 1
ink, acrylic, glass beads and
pigment print on Kakita
* with wooden frame
sold out
SIN 貪食 gluttony
acrylic and pigment print on Kakita
78 x 58 cm, ed. 3, 2016
¥ 180,000.-(each / tax excluded)
Frame: ¥ 24,000.-(each / tax excluded)

>> SINシリーズ その他の作品はこちらから
appetency 1
photo collage, pencil,
ink on water color paper,
wooden frame
53.5 x 46.5 cm, 2015
¥ 400,000.-(tax excluded)
appetency 2
photo collage, gouache, pencil,
ink on water color paper,
wooden frame
82 x 56.5 cm, 2015
¥ 500,000.-(tax excluded)
appetency 3
photo collage, play money,
ink on water color paper,
wooden frame
80.5 x 52.5 cm, 2015
¥ 500,000.-(tax excluded)
appetency 4
photo collage, wool yarn,
ink on water color paper,
wooden frame
53.5 x 46.5 cm, 2015
¥ 400,000.-(tax excluded)
appetency 6
photo collage, acrylic drawing, glitter glue, pencil, ink and crystal stone on canvas
116.8 x 116.8 cm, 2015
sold out
“ acne entropy ”

- 壁面を使ったインスタレーション -
上記の作品で背景に使用したすべての布の円をくり抜き、ギャラリーの壁に貼付けた。何千枚ものピースの一つ一つは、アフリカ大陸のオリジンである。人類の起源はアフリカ人であると言われているが、長い年月をかけて淘汰された見事なアフリカの意匠が持つ原始的なエネルギーを借りたインスタレーションを日本で発表出来る事を光栄に思う。そこにあるパワーを少しでも体感して頂きたいと思う。