30th - Miracle vol.5: Miracle

木村 秀樹, 植松 奎二, 片山 雅史, 中川 佳宣, 中原 浩大, 伊庭 靖子, 今村 源, 名和 晃平, 稲垣 元則, 田中 朝子, 豊富 春菜, 渡辺 信子, 松井 智恵, 藤本 由紀夫, 大西 伸明, 榎 忠, 池垣 タダヒコ, 永井 英男, トーマス ノイマン, 能勢 伊勢雄, 張 騰遠 チャン テンユァン , 東影 智裕, 金村 仁, 韮澤 アスカ, 黒宮 菜菜
Hideki Kimura, Keiji Uematsu, Masahito Katayama, Yoshinobu Nakagawa, Kodai Nakahara, Yasuko Iba, Hajime Imamura, Kohei Nawa, Motonori Inagaki, Asako Tanaka, Haruna Toyotomi, Nobuko Watanabe, Chie Matsui, Yukio Fujimoto, Nobuaki Onishi, Chu Enoki, Tadahiko Ikegaki, Hideo Nagai, Thomas Neumann, Iseo Nose, Chang Teng-Yuan, Tomohiro Higashikage, Hitoshi Kanamura, Asuka Nirasawa, Nana Kuromiya

2019.12.14(sat) - 2020.2.1(sat)
13:00 - 19:00 日曜・祝日休廊
Closed on Sundays and National Holidays



--

○ オープニング・パーティー : 2019.12.14 sat 18:00 - 無料
 *ドレスコード:オレンジ
・オープニング・パフォーマンス「パトリック世紀」
 出演: .es (ドットエス: 橋本孝之 & sara)

-

[参加アーティスト]
木村秀樹 Hideki Kimura / 植松奎二 Keiji Uematsu
片山雅史 Masahito Katayama / 中川佳宣 Yoshinobu Nakagawa
中原浩大 Kodai Nakahara / 伊庭靖子 Yasuko Iba
今村源 Hajime Imamura / 名和晃平 Kohei Nawa
稲垣元則 Motonori Inagaki / 田中朝子 Asako Tanaka
豊富春菜 Haruna Toyotomi / 渡辺信子 Nobuko Watanabe
藤本由紀夫 Yukio Fujimoto / 大西伸明 Nobuaki Onishi
榎忠 Chu Enoki / 永井英男 Hideo Nagai
トーマス・ノイマン Thomas Neumann / 能勢伊勢雄 Iseo Nose
松井智惠 Chie Matsui / 池垣タダヒコ Tadahiko Ikegaki
東影智裕 Tomohiro Higashikage / 張騰遠 Chang Teng-Yuan
金村仁 Hitoshi Kanamura / 韮澤アスカ Asuka Nirasawa
黒宮菜菜 Nana Kuromiya / 建畠晢 Akira Tatehata + .es (ドットエス)

--

ノマル創立30周年記念企画の最後を飾る豪華メンバーでのグループ展

今年は1989年の版画工房ノマルエディションの創立より30年という、ノマルにとって節目の年となりました。それを記念して7月より連続して開催していた関連企画展のフィナーレとして、今展「30th - Miracle vol.5 / Miracle」を開催致します。

展覧会でのテーマは"Miracle"。"アートというものは奇跡のような出来事"というノマル・ディレクター林聡の根底にある考えの拠り所にある作品制作を真摯に実践し続けている作家たちによる、珠玉の新作の数々をご覧いただきます。

ノマル創立30周年記念企画の最後を飾る豪華メンバーでのグループ展、是非ともご高覧くださいますようよろしくお願い致します。


30th - Miracle

Nomart(ノマル)は平成元年の1989年、僕が25歳のとき誕生しました。
Nomade(遊牧民)+Artの造語ーそれがノマルの語源です。決まった形をとらずに、根っこは張り巡らしても定住せずにあらゆることにチャレンジしていくという姿勢を表したものです。
そのノマルが、2019年に30周年を迎えました。ノマルの基本コンセプトとして、2015年から掲げているのが「SENSES COMPLEX」。“創造とは、すべての感覚が関連しあっている”という考えです。絶対的ではなく、感覚の問題だけでなく、変化と自在を大切にしたいという思いも込められています。
30周年を記念してテーマとして考えたのがMiracle。それはアートというものは奇跡のような出来事で、そこに関わっているのだという再自覚だ。アート自体が奇跡のような出来事であり、そこに起こる様々な出会いも奇跡のようなことである。それは今までも起こっていたことでこれからも変わらず続いて行くだろう。テーマは全体に関わるもので個々の展覧会に関わるものではありませんが夏から年末までにいくつかの企画を行いました。その締めくくりとして年末にグループ展を開催致します。これはこれまでに関わりのあるできるだけ多くの作家に参加いただいて、ともにこれからも奇跡のような出来事を生み出していこうという、ノマルとノマルの作家から皆さんへの挨拶のような展覧会です。

ー 林聡 (ノマル・ディレクター)