Human Being: COVID-19

張 騰遠 チャン テンユァン
Chang Teng-Yuan

2020.5.23(sat) - 2020.6.13(sat)
13:00 - 19:00 日曜・祝日休廊
Closed on Sunday and National Holiday



Online Viewing and Sales
--

人類史上、極めて重要な局面にある今、
世界中の人々とその先の物語を共有するためにー

2020年5月、ギャラリーノマルでは台湾人アーティストChang Teng-Yuanの3回目の個展を予定していました。
しかし、アーティストは来日することが出来ません。非常事態宣言を受けて臨時休廊中のギャラリーも、人を招き入れる事が出来ません。元々予定していた個展は、来年へ延期する事になりました。
しかし、こんな時期だからこそ出来る事があるはず!
Changと相談の上、この状況こそをテーマとした展覧会を開催することになりました。

展覧会名は「Human Being: COVID-19」。このwebsiteを通じて全世界の人々とテーマを共有し、新たな一歩を想像し、創造する試みです。
ChangはCOVID-19をモチーフとした新作映像を制作しました。このwebsiteでは、ストーリー(映像)の断片であるスケッチだけを公開します。そのスケッチには幾つもの選択肢があり、選び方によって243の物語が生まれていきます。
彼のスケッチを元に自由に物語を想像し、自分だけのストーリーを入手してください。あなたが選んだ物語(映像)は、購入後に送られてくる缶詰の中の映像データ(USBメモリ)を再生することで初めて見ることが出来ます。一つとして同じものはない、あなただけの物語が、ここから始まります。

*展覧会期間中、243のストーリー (映像)は、無人のギャラリー壁面へランダムに投影されます。


--
[Artist Statement]
張騰遠 Chang Teng-Yuan

カラフルなマッド(泥)にまつわるストーリー

パロットマン(Parrotman)たちが地球に到着したのは、世界の終焉から百万年後。果てしない沈黙に包まれた世界ーあらゆるものを覆っているのは灰ではなく、色鮮やかな謎のマッドだった。考古学調査はパロットマンの得意分野であり、同行していたシールマン(Sealman)たちもすぐこの調査に没頭した。そして、彼らはすぐに気づいた。地球が異常な出来事に見舞われて滅亡したこと、それにより地球上のあらゆる生き物が様々な色のマッドに変えられてしまったことを。
調査が進むに連れて、地球の遺物や文献を次々に発掘していった。パロットマンたちは文献に基づき、発掘した遺物の使い方を学んでいく。例えば「コップ」とは頭につけるアクセサリーであること。「ピアノ」という名のアイテムは情報端末であること。「核弾頭」とは、命を排除するには良い品であるといった具合に。これらの人工物の使い方を知るのは容易なことだったが、かつて地球に存在した知的生命体そのものの行為は、パロットマンには理解しがたいことがあまりにも多かった。
かくしてパロットマンたちは人類の真似をし始め、研究ファイルを作成しながら、その行為の意味を理解することに努めた。彼らは人類に倣って花火を打ち上げ、列を作り、アフタヌーンティーを楽しみ、滑り台で滑り、落書きを残し、抗争やデモを繰り広げ、他の種の繁殖など、様々なことを試みた。
パロットマンの研究目的は、人類がいかに破滅の一途をたどり、マッドへと変わり果てたかを解明することだった。その方法は、人類の行為の繰り返し、重要な選択が迫った時に彼らが為すべきだったことを経験し、彼らが直面した状況を理解することだった。
パロットマンたちは、人類が生存していた最後の時に地球上に存在していた種のほぼ60%を飼育した。コウモリ、雄牛、豚、子羊、魚などの種は、パロットマンの理解に基づいて繁殖された。しかし、同時に、彼らは興味深い事象に気づく。
種族間の反発作用は想定内である。だが、異種交配により生み出された新型のウイルスが、事態を暴走させていったのである。当時の人類の歩み通りに地球の終焉を迎えることに成功したパロットマンたちは、破滅の正念場を迎えようとしていた。全ての生物がカラフルなマッドマンと化した鍵は何だったのだろうか? パロットマンたちは、人類の歴史を真似し続ければ、やがてその理由が見出せると信じている。
To be continued.


展覧会 “Human Being: COVID-19”について

新型コロナウイルスの影響で、展覧会場(ギャラリーノマル)に出向くことができなくなりました。この予期せぬ災禍によって、当初予定していた展覧会プランは断念。人類史上、極めて重要な局面にあると思います。だからこそアーティストとして、この瞬間を自分なりに記録しておかなければならないと考えたのです。
新たに考えたのは、プログラムによる展覧会です。鑑賞者にとっては本来の展覧会のプレビューのようなものです。将来、この展覧会を振り返った時、短い寓話のように感じるでしょう。私自身にとっては、インスピレーションの断片を提示する時間軸のアンカーです。 展覧会の形式はとてもシンプルです。2020年(人類史上重要な年)に得たアイデアをパロットマンのプロットに取り入れて、ストーリー(映像)を創作しました。
チャプターは5つ、それぞれに3種類の展開を考えました。それを示唆するスケッチだけをWEB上で公開します。鑑賞者はそのスケッチを元に自分なりの方法でストーリーを選択/購入し、缶に封入された自分だけのストーリー(映像データ)を得ることができます。自分だけの2020年の物語がそこから繋がっていきます。
アーティストは来ることが出来なかった。そして無人のギャラリーでは、誰かに選ばれるであろう、全てのストーリーがランダムに再生されていきます。


----


At an extremely crucial moment of human history,
To share the story of the future with people all over the world.

In May 2020, Gallery Nomart planned a 3rd solo exhibition by Taiwanese artist Chang Teng-Yuan.
But the artist cannot come to Japan. The gallery, which has been temporarily closed due to the declaration of emergency, cannot invite people. The originally planned solo exhibition will be postponed to next year.
However, there should be something that can be done at this time of year!
In consultation with Chang, we have decided to hold an exhibition with the theme of this situation.

The exhibition name is "Human Being: COVID-19". This website is an attempt to share themes with people all over the world and imagine and create new steps.
Chang has created a new video with COVID-19 as a motif. This website publishes only sketches, which are fragments of stories (videos). There are many choices for the sketch, and depending on how you choose it, 243 stories will be born. Please imagine a story freely based on his sketch and get your own story. The story (video) you selected can be viewed for the first time by playing the video data (USB memory) in the can that is sent after purchase. No one is the same; your own story begins here.

*During the exhibition, 243 stories (videos) will be projected randomly on the walls of the unattended gallery.


-
[Artist Statement] Chang Teng-Yuan

About These Colorful Mud

It was a million years after Doomsday when Parrotman arrived on Earth. There was only silence on Earth. Things were covered not with ashes, but rather with a kind of enigmatic colorful mud. Archaeological survey is Parrotman’s specialty and Sealman, those who followed Parrotman, also immediately immersed themselves in this investigation. They soon realized that Earth met its destruction after a series of major events and that these events turned various living organisms on Earth into mud that came in different colors.

As the archaeological survey processed, Parrotman excavated more and more Earth artifacts and literatures. Parrotman used these literatures to learn how to use the artifacts that they had excavated. For example, they found out that the item named “cup” was an accessory to put on their head, the item named “piano” was a message terminal, and the item named “nuclear warhead” was a good item to wipe life out. Although it was easy to know how to use these artifacts, the human being, this once intelligent creature of Earth, had many kinds of behavior that Parrotman could not conceive of.

Then Parrotman started to imitate human behavior. In the course of imitating it, they not only established file archives, but also tried to understand the meaning behind all those behaviors. They started to learn how to set fireworks, queue, have afternoon tea, play slides, do graffiti, protest, have parades, breed other species, and so on.

The research purpose of Parrotman was to understand why humans caused their own destruction and eventually turn into mud. Their way of doing so was to repeat what the humans had done, to experience the choices they had to make in the crucial moments and to understand the circumstances that the humans were faced with.

They had bred nearly 60% of the species there were on Earth when humans last existed. Species such as bats, bulls, pigs, lambs, fish and others were bred with Parrotman’s understanding. At the same time, however, they realized that something interesting was happening: the circumstances were getting out of control.

The repulsion between species was something they had expected. Still, hybrids that were bred due to numerous unknown factors and unexpected new viruses that were produced along with these hybrids made things out of control. Parrotman has successfully made Earth approach its new doomsday according to the blueprint stipulated by humans and was approaching the crucial point of destruction. What was the key in turning all species into colorful mud? Parrotman believed that they would eventually find the reason for it if they keep on imitating human history.

To be continued.


About this Exhibition “Human Being: COVID-19”

Due to the COVID-19 pandemic, artists could not attend the exhibition venue in person. Works that were planned to be exhibited were disrupted due to this unexpected great happening. I believe that this is an extremely crucial moment of human history. Therefore, as an artist, I believe that it is necessary for me to record this moment down in my own fashion.

This exhibition is a programmatic exhibition. To viewers, it is like a preview to an exhibition. For those in the future looking back on records about this exhibition, it is a short fable story. For me, it is an anchor of the time presented in the form of inspirational fragments.

The form of this exhibition is really simple. I put my thoughts on 2020 (the crucial year of human history) into the plot development of Parrotman and made it into a story. There are 5 chapters, and I considered 3 types of development. Only sketches that suggest it will be published on the website. Viewers can select / purchase a story based on artist's sketches in their own way and get their own story (video data) enclosed in a can.Viewers can then connect them into a story of 2020 on their own by choosing the story they prefer.
The artist could not come. And in the unattended gallery, all the stories that anyone would choose will be played randomly.


----


關於這些彩色泥漿

鸚鵡人到達地球,已經是末日的百萬年後。地球上一片死寂,所有物件不是被灰燼掩蓋,而是被謎樣的鮮豔泥漿覆蓋著。探勘考古是鸚鵡人的專長,同行的海豹人也馬上投入受測試的工作。他們很快的發現,地球曾經發生過一連串的重大事變,導致毀滅,而這些事變,也將地球上的各種生物,轉換成各色泥漿。

隨著考古的進度,鸚鵡人挖掘出越來越多的地球物件與文獻。鸚鵡人根據這些文獻,去判斷物件的使用方式。譬如他們研究出名為杯子的物件是用來裝飾在頭上的東西,名為鋼琴的物件是訊息終端機,又或是名為核彈頭的物件,是用來掃除生命的好東西。物件用法好推斷,但人類,這顆星球曾經的智慧生物,有著許多令鸚鵡人無法理解的行為。

於是鸚鵡人開始模仿人類的行為,藉由模仿,一方面建立檔案,一方面理解這些動作背後的意義。他們開始學習人類放煙火,排隊,下午茶,溜滑梯,塗鴉,抗爭,遊行,培育物種…。

鸚鵡人的研究目的,是瞭解人類邁向毀滅,變成泥漿的原因。而他們的研究方法,就是重複人類做過的事情,去體驗那些關鍵時刻的選擇,以及人類當時面對的景況。

物種培育已接近當時人類世的60%,蝙蝠、牛、豬、羊、魚…等,都被鸚鵡人以他們的理解培育出來。也在同個階段,他們觀察到有趣的事情發生:情況開始失控。

物種之間的互相排斥只是預期之內的設定,期間許多不明的變數所導致的混種,以及混種之後所產生預期之外新的病毒,讓情況越來愈失控。鸚鵡人們成功地將末日新地球,根據當時的人類藍圖,導演到毀滅的關鍵點,而最後導致所有物種都變成彩色泥漿的關鍵是什麼,鸚鵡人認為只要模仿著人類的歷史走,一定會找到原因。

未完待續。


關於這次展覽 Human Being: COVID-19

由於COVID-19的關係,藝術家無法到展覽現場,本來該呈現的作品,都被這誰也無法預期的大事件給打亂了。我認為這是人類歷史上很關鍵的時機點,身為藝術家,覺得有必要以我的方式記錄下這時刻。

這次展覽是一個計畫性質的展出,對到現場看的觀者而言,它像是一個展覽預覽。對未來回頭看這個展覽紀錄的人而言,它是一個短篇寓言。而對我來說,它是以靈感碎片呈現的時間錨點。

展覽的形式很簡單,我將我從2020年(人類史上關鍵年)得到的想法,放到鸚鵡人的劇情裡發展,化為一段故事。我將故事以草稿的方式創作,現場展示著部分的草稿,然後將大部分的草稿封存在罐頭裡。觀者可在看完展示的草稿後,自行選擇購買罐頭,罐頭裡有著延續的劇情。觀者將以自己的方式,選擇劇情,並連結起屬於自己的2020年故事。

張騰遠