ドットエス 橋本 孝之 & sara/.es Takayuki Hashimoto & sara

Vessel of Catastrophe / カタストロフの器

06240010
CD
time: 46 min., 50 sec.
2020
--------------------
Only Work
Qt:
¥2,200 (税込 Include tax.)

  Contact Us


---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
.es(ドットエス)
橋本孝之 Takayuki Hashimoto - Alto Saxophone, Harmonica, Guitar
sara - Piano, Percussion
---------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------


即興音楽?ノイズ?フリージャズ?
サックス、ピアノ、ハーモニカ、エレキギター…
自由な精神で描かれた美しき即興抽象絵画的音像


2009年の結成以来、音楽とアートで革命を企てるコンテンポラリー・ミュージック・ユニットとして
独自の存在感を放ってきた.es(ドットエス)。
本作は2020年9月同タイトルの黒宮菜菜個展会場でのライブを臨場感そのままに収録した、
最も新しくスリリングな.esの完全ライブ収録盤(ノーカット・無編集)。
・初回限定7インチレコード使用ジャケット

下記リンクの.es+林聡ロングインタビュー「アートと音楽の未来へ向けて」内で、
メンバーの橋本、saraが本作についても語っています。

*“カタストロフの器”レビュー (text by Takeshi Goda)
>> 音楽情報サイト「JazzTokyo」2021年 #2043

*橋本孝之ロングインタビュー(Interviewed by 剛田武 Takeshi Goda)
>> 音楽情報サイト「JazzTokyo」No.234, 2017年 #163
  “橋本孝之(.es)インタビュー:確かな「心」の芽生えと「自己」の消失の先にあるもの”


*.es+林聡ロングインタビュー(Interviewed by 剛田武 Takeshi Goda)
>> 音楽情報サイト「JazzTokyo」No.273, 2021年 #214
  “.es(橋本孝之&sara)+林聡インタビュー:アートと音楽の未来へ向けて”



*ライナーテキストより引用
世界の不穏が否応なしに日常へと流れ込む今、ただそれを悲劇や災禍と耐え忍ぶのか?直視する、受け入れる、そして契機とする態度でありたいーカタストロフ(突然の大変動, 大きな破綻)は崩壊だけではなく、希望を含んでいる。2020年9月12日(土)、ギャラリーノマルでの黒宮菜菜個展「カタストロフの器」最終日、 ギャラリーの空間へ.es(ドットエス)が描いた、次なる時代への絵画的音像。


Total 46 : 50
01 Catastrophe #1 21 : 25
02 Catastrophe #2 25 : 25
-
Recorded live at Gallery Nomart, Osaka, 2020.9.12
The solo exhibition “Vessel of Catastrophe” by NanaKuromiya
黒宮菜菜個展 “カタストロフの器” 会場にて
-
Art direction & Produce: 林聡 Satoshi Hayashi
Art work: 黒宮菜菜 Nana Kuromiya
Text: sara
Translation: 茨木千尋 Chihiro Ibaraki
Design: 冨安彩梨咲 Arisa Tomiyasu