大岩オスカール / Let's Go on a Trip!
Oscar Oiwa / Let's Go on a Trip!

大岩 オスカール
Oscar Oiwa

2021.2.20(sat) - 2021.3.20(sat)
13:00 - 19:00 日曜・祝日休廊
Closed on Sundays and National Holidays


"Times Square, New York / タイムズ・スクエア、ニューヨーク" silkscreen on BFK Rives, 56.5 x 76.5 cm, 2020
"Tsutenkaku, Osaka / 通天閣、大阪" silkscreen on BFK Rives, 56.5 x 76.5 cm, 2020
"View From My Window, New York / 僕の窓からの眺め、ニューヨーク" silkscreen on BFK Rives, 56.5 x 76.5 cm, 2020

--

全世界共通のコロナ禍にある今、アーティストは、ギャラリーは、制作工房の使命とはー?
大岩 オスカール、ギャラリーノマルでの初個展&新作版画シリーズ出版

2020年、世界中がCOVID-19という共通の災禍に見舞われました。
世界各国でのプロジェクトや展覧会は全て延期となった大岩オスカールは、マンハッタンのマンションに籠ったままでできることを考えました。
「幸い僕は自分が感じたことを作品化できるスキルを神様から授かっている」
隱遁生活の中で彼が綴った空想の旅は「Quarantine(*) Drawing Series」として2020年3月~6月の間に20枚が描かれました。

アーティストの空想の旅を全世界と分かち合う版画シリーズ
縁あって大岩オスカールと知り合ったギャラリーノマルのディレクター林聡は、この貴重なドローイングを版画作品として出版することを即決。
「Quarantine Drawing Series」はコンピュータを使って描かれたデジタルデータですが、アーティストの空想の旅を、全世界の人と分かち合う手段としてシルクスクリーンによる版画作品に刻印することにしました。

ノマルでの初個展は新作版画&タブローの展示(予定)
サンパウロに生まれ、東京、ニューヨークと移り住みながら創作活動を続ける大岩は、自らの人生を旅に例えています。複数の文化的視点から生まれた社会風刺と物語性に富んだ作品たちは、世界的に大きな注目を集めてきました。
今展ではこのシリーズの他にも、オリンピックをテーマとしたタブロー作品の展示も予定しております。

大岩の自由なイマジネーションが描き出した作品の数々、この機会にぜひともご高覧ください。

(*)
Quarantine=隔離、検疫

>> 特設サイト


--

作家コメント

旅に出よう!

突然生活が変わった。今までのように地下鉄に乗ったり、スタジオに通ったり、街を歩いたり、映画館で映画を見たり、友人と会ったり出来なくなってしまった。隔離生活の中、外に出るのは食料品の買い出しか、ちょっと空気を吸いに出るだけだ。

進行中のプロジェクトや展覧会は全て、延期された。都市はパンデミックの中核になり、住民は誰でも今まで以上に難しい生活を強いられている。多くの人が職を失い、請求書の支払いが絶望的になっている。世界中どこをみても元気の出るニュースなど見当たらない。多くの国が国境封鎖を行っている。アメリカ大統領の施策は最悪だ。

今回の個展作品で用いる5つの色は、異なる時間軸を象徴している。それらの中で、パンデミック後の世界の風景、新たな人間の様子、ワクチンに影響された人間の状態、そしてそれ以後の人類と世界の新しい関係性などに対する私の想像がある。以上は全て優先順位のない開放的な仮想である。

僕が普段通りのクリエイティブマインドでいられるために何ができるか、それもマンハッタンのマンションに籠ったままでできることを考えた。幸い僕は自分が感じたことを作品化できるスキルを神様から授かっている。この力を使ってドローイングのシリーズを始め、隔離生活の真っ只中の、空想の旅を思いついた。その結果がこの日記風の作品で、過去のこと、現在の生活、そして未来について考えたことを綴っている。(2020年 春)

大岩 オスカール Oscar Oiwa

---

Now that we are in the midst of a pandemic that is common throughout the world, what is the mission of artists, galleries, and production studios?
Oscar Oiwa holds his first solo exhibition at Gallery Nomart & publishes a new print series.

The whole world is hit by COVID-19 in 2020.
Since all the projects and exhibitions are postponed, Oscar Oiwa was isolated in his apartment located in Manhattam, thinking about what he could do in this situation.
“I’m blessed by god to be born with the capacity of turning my feelings into artworks“
During the secluding life,《Quarantine Drawing Series》, which includes 20 pieces of drawings describing a imaginary trip, was composed between March and June, 2020.

A series of prints to share the artist's imaginary trip with the whole world
Hayashi Satoshi, the director of Gallery Nomart, who built a relationship with Oscar Oiwa, soon decided to publish these drawings as prints. Even though《Quarantine Drawing Series》is a digital work because it was drew on computer, the reason that we decided to print it is hoping Oiwa’ s imaginary trip would be a way of sharing with people around the world.

The first solo exhibition at Nomat will be an exhibition of new prints and tableau
Born in São Paulo and moving to Tokyo and New York, Oiwa continues his creative activities, and has likened his own life to a journey. His works, including social satire and narrative born from multiple cultural perspectives, have received a great deal of worldwide attention.
In addition to this series, we are planning to exhibit Olympic-themed tableau works at this exhibition.

Please take this opportunity to take a look at the many works drawn by Oiwa's free imagination.

--

Let´s go on a trip!

Suddenly, life has changed. I have stopped taking the subway, going to my studio, walking around the city, seeing movies at the theater, and meeting up with my friends. I spend my days in quarantine, going outside only to shop for food or to get a little fresh air.

Projects and trips have all been postponed. The city has become the new epicenter of the pandemic and life has been made more difficult for all of its inhabitants. Many people have lost their jobs and are getting desperate about paying bills. News from the world outside is far from encouraging. Entire countries have closed their borders. The US presidential response in itself has been a disaster.

I think about what I can do to remain as mentally creative as usual while stuck in my Manhattan apartment. God gave me the gift of transforming feelings into visual art. And using this power, I have started to make a new series of drawings: an imaginary trip in the midst of life under quarantine. The result is like a diary of insights about my past, my present daily life, and the future. (Spring 2020)

Oscar Oiwa