NEW NORMAL

張 騰遠 チャン テンユァン
Chang Teng-Yuan

2021.1.16(sat) - 2021.2.13(sat)
13:00 - 19:00 日曜・祝日休廊
Closed on Sunday and National Holiday


新作 参考図版, 2020
新作 参考図版, 2020

--

○ Opening "Remote" Event
 台湾のChangとリモートで対話できます。
 2021.1.16 sat, 18:00 - 19:00
 参加無料 Charge Free

○ 最終日 関連イベント Closing Live "NEW NORMAL"
  2021.2.13 sat, open 19:00 / start 19:30 -
  charge:¥2,000. *予約制 (定員10名) By reservation only (Capacity of 10)
  performer:.es (ドットエス: 橋本孝之 Takayuki Hashimoto & sara)
 
>> COVID-19感染予防対策について / About COVID-19 infection prevention measures

--

5つの色で描かれるパンデミック後のパラレルワールド
開催延期、Web Exhibition「Human Being: COVID-19」(*)を経て、Chang Teng-Yuan2年半振りの個展開催

国立台湾美術館での個展 (2013年) や台北ビエンナーレへの選出 (2016年) など、着実にフィールドを広げ、国際的な注目を獲得しつつある台湾人アーティストChang Teng-Yuan。

ニューノーマル
2020年春にノマルで予定していた作家3度目の個展は新型コロナウィルスの影響で延期に。その代替企画として、5月にオンラインで発信したWeb Exhibition「Human Being: COVID-19」を経て、ようやく開催される個展が「NEW NORMAL」です。
NEW NORMALとは、アフターコロナの社会において、生活様式とそれに伴う価値観の変容を指すキーワードです。2つの展覧会タイトルが示すように、Changは今回のパンデミックに自らも影響を受けながら、積極的にこの問題を取り上げてきました。

アフターコロナ
Chang作品に登場するキャラクター「パロットマン(Parrot Man)」は、人類滅亡後の未来の地球で、遺跡となった文明を調査するエイリアンであり、人間の模倣は出来ても、感情や意味までは理解出来ないオウム達です。遠い未来から現代の人間社会を研究するパロットマンたちの行動を鑑賞する時、我々は俯瞰的に現代社会について再考することになります。
今展では、パラレルワールドの地球を舞台に、パンデミック後の時間経過を5つの色で表現。作家の仮想するアフターコロナの世界が、約50枚のドローイングポスターや変形キャンバスなどに描かれます。また、Web限定での公開だった「Human Being: COVID-19」の作品も同時に展示いたします。

パンデミック後の未来を生きる我々にChangが提示する「NEW NORMAL」の世界、ぜひご期待ください。


(*)
Web Exhibition『Human Being: COVID-19』at Gallery Nomart, 2020

---

Changの作品に登場するパロットマン(Parrot Man)は、終末の地球で人類に何が起こったかを調査、発掘し、模倣するというキャラクターです。
パロットマンの世界は人類のパラレルユニバースと同様に、私たちに起こったことはパロットマンにも起こります。
パロットマンの世界においても未知のエピデミックは発生し、私たちのように隔離されてしまいますが、最終的に隔離は当たり前となり、ニューノーマルとなります。

今回のシリーズ「NEW NORMAL」では、コロナ禍の検疫期間中の行動を、これまでにないシンプルな線と色で表現したいと彼は考えました。

隔離中にも、非常に日常的な毎日があります。たとえば長い間読んでいなかった本を取り出して読んだり、ヨガの練習をしたり、煙草を吸ったり考えごとをしたり、ペットと一緒に写真を撮ってInstagramにアップしてみたり、外の景色を眺めてみたり。

この作品が、新しい日常の悲しみに少しでも寄り添い、この危機的な時代が人類の歴史に記録されることをChangは願っています。

--

作家コメント

Parallel universe – パンデミック後の世界

終末の地球にいるパロットマン(Parrot Man)の物語は、まるで休みのない連載コミックのように、時空の変化によって筋が変わっていく。一方、それは私たちのいる世界と並行したもう一つの世界のような存在である。そのパラレルワールドでは、パロットマンは考古学を通して人類の歴史を洞察すると同時に、彼らの選択を模倣することで、人類が滅亡を迎えた原因を明らかにしていく。

パンデミック後の世界は開放的な仮想を立てる機になると私は思う。まず私は人類の容貌から考え始めた。急速かつ不健全な開発によって作られたワクチンを注射された人類には、奇妙なことが起きてしまうだろう。

今回の個展作品で用いる5つの色は、異なる時間軸を象徴している。それらの中で、パンデミック後の世界の風景、新たな人間の様子、ワクチンに影響された人間の状態、そしてそれ以後の人類と世界の新しい関係性などに対する私の想像がある。以上は全て優先順位のない開放的な仮想である。

パンデミック後の世界をパラレルワールドとして掲げる理由は、このアプローチがリアルとバーチャルが裏表になる状態を表現できると考えるからである。パラレルワールドは抽象的に存在する風景だが、パンデミック後の世界は私たちがすぐに直面しなければならない未来であるーどちらがバーチャルなのか、リアルなのか?私にはもはやわからない。

このような異なる時間軸を色で提示する手法を通して、観客が自らイメージの点と点を結び、新たな物語を描く主体性に期待したい。今回の展示は2020年5月にWeb上で行った記録展示「Human Being: COVID-19」と呼応すると同時に、観客は自ら「パンデミック後の世界」を想像できる場として考えれば良いのではないかと思う。


張騰遠 Chang Teng-Yuan

---

The parallel world after pandemic presented in five colors.
After the postponement and web exhibition ”Human Being: COVID-19", Chang Teng-Yuan hold his solo exhibition for the first time in two and half years.

With all the credit such as a solo exhibition in National Taiwan Museum of Fine Arts in 2013 and selection for the Taipei Biennial in 2016, Chang Teng-Yuan is a Taiwanese artist who is steadily expanding his creative vision and gaining international attention.

-NEW NOMRAL-
His third solo exhibition planed for Spring 2020 in Gallery Nomart has been postponed due to the influence of coronavirus. After Web Exhibition “Human Being: COVID-19” released online in May 2020 that worked as an alternative project, the solo exhibition “NEW NOMRAL” is finally coming.
NEW NOMRAL is a keyword referring to lifestyle and values changes occurring with it in after-corona society.
As the two titles show clearly, while being affected by the pandemic, Chang has been actively paying attention to this issue.

-AFTER CORONA-
The character “parrotman” that appears in Chang’s work is an alien who investigates the human civilization that became the ruins on the future earth after the destruction of humans.It is a kind of creature that can imitate human behaviors but without knowing any exact meanings or emotion. Looking at the actions of parrotmen study the modern society from distant future gives us an opportunity to rethink modern society from a bird's-eye view.
In this exhibition, the passage of time after the pandemic are expressed in five different colors on the parallel world of earth. Artist’s imagery world after epidemic has transformed into fifty painted posters and deformed canvas works. At the same time, “Human Being: COVID-19”that were only available on the web will also be exhibited this time.

Please look forward to the world of “NEW NOMRAL” that Chang presents to us living in the future of pandemic.

--

Parallel universe – The world after COVID-19

The story of parrot man on the doomsday earth is like a comic that continuously serialized and the story line will change with different space and time conditions. on the other hand, it is actually like another parallel world that parallels to the world we live in. In the parallel world, parrot men are trying to know the histories of human by engaging with archaeological studies, and finger out the cause of the end of the earth by imitating human choices and behaviors.

The world after pandemic is an open scenario, and first of all, I can’t help but imagine how humans are going to look like after epidemic. As humans are making vaccines rapidly,the human beings who are injected start to undergo strange changes.

In this solo exhibition, I use five different colors trying to present different period of time. The works have my imagination of post-pandemic world, the appearance of new humans,the state of new humans affected by the vaccine,scenery of the world after pandemic,or the relationship between the new humans and the rest of the world after epidemic. They do not have an absolute relationship and sequence. They are completely open imaginations.

Using the theme of Multiverse to present post-pandemic world is because I believe it is an approach to create an expression that is both real and illusory. The parallel world is the one that exists in abstract world while the world post-epidemic world is the near future we are about to face.Which of the two is more illusory and which is more real?Sometimes I can’t tell.

Therefore,I hope that the presentation of different period of time in different color will create a point-to-point feelings , so that audience can connect the story themselves.In addition to echoing the documentary exhibition "Human Being: COVID-19" in May 2020, this exhibition also provides a spot for viewers to imagine their own post-pandemic world.

Chang Teng-Yuan

---

平行宇宙 – 疫後世界

鸚鵡人在末日地球的故事,就像是一部不斷連載的漫畫,會隨著時空條件的不同而改變故事線。另一方面,其實它也像是平行於我們所處世界的另一個平行世界。在那個平行世界裡,鸚鵡人們透過考古,之後人類的歷史,也透過模仿人類的選擇,來釐清地球末日的原因。

疫後世界,是一個開放性的假想,而首先,我忍不住地會先想像疫後的人類樣貌。由於人類快速地製作疫苗,施打的人類或許會開始出現奇怪的變化。

此次的個展中,我以五個顏色作為劃分的區塊,區塊裡的作品,有著我對疫後世界的想像,有新人類的樣貌,新人類受到疫苗影響的狀態,疫後的世界風景,又或者是疫後新人類與世界的新關係。它們沒有絕對的關係與先後順序,完全是一個開放性的想像。

以平行世界去包裹疫後世界的命題,是因為我認為它可以形成一種既真實又虛幻的狀態。平行世界是存在於抽象之中的風景,而疫後世界則是我們即將要面對的未來,這兩者哪一個比較虛幻,又是哪一個比較真實,有時候我已分不清楚。

因此,我希望藉由此次區塊區分的呈現方式,有一種點對點的感覺,讓觀者自己去連結其前後的順序,除了呼應2020年5月的記錄性展覽『Human Being: COVID-19』,也提供一個平台,讓觀者去想像屬於自己的疫後世界。

張騰遠