Profile - .es : Takayuki Hashimoto & sara

2009年、大阪の現代美術画廊「Gallery Nomart(ギャラリーノマル)」をホームに結成。橋本孝之(alto sax, guitar, harmonica)+ sara(piano, others)の二人によるコンテンポラリー・ミュージック・ユニット。 現代美術ディレクター林聡がプロデュース。

結成当初より現代美術をはじめ様々な表現領域とのコラボレーションを行い、国内外にて活動を展開。2013年 P.S.F. Recordsよりアルバム「void」リリース。領域を縦横無尽に横断する音楽家として独自の存在感を放っている。

アートシーンでは2011年「させぼアートプロジェクト」(長崎)、2013年 静岡市美術館、2016年 大分県立美術館にて招聘公演。2017年 / 2018年「龍野アートプロジェクト」(兵庫) 連続出演。

音楽領域においては、即興、ノイズ、電子音楽、ジャズ、ロック、クラシック、現代音楽など国内外の音楽家達とのコラボレーションによって生まれるボーダレスな世界― “音”と“音楽”の間(ま)で交錯する感覚を表現する。

.es(橋本孝之&sara)+林聡インタビュー:アートと音楽の未来へ向けて
*JazzTokyo No.273 Interviews ♯214, 2021 (剛田武 Takeshi Goda )

Formed in 2009, residing in Gallery Nomart, one for contemporary art, in Osaka, .es is composed of Takayuki Hashimoto (alto sax, guitar, harmonica) + sara (piano, others), a contemporary music unit, produced by Satoshi Hayashi, director of the gallery.

From the beginning, they have collaborated with artists of different fields of expression, like contemporary art, and played in and outside Japan. Stepping across the border between diverse genres, its exquisite way of performing has been highly appreciated. In 2013, they released an album void through P.F.S. Records.

They were invited to perform to ‘Sasebo Art Project’, Nagasaki, in 2011, Shizuoka City Museum of Art in 2013, Oita Prefectural Art Museum in 2016, and ‘Tatsuno Art Project’, Hyogo, both in 2017 and 2018. 

The two musicians perform in a borderless realm that is forged through their collaborations with musicians from all over the world who work in diverse genres, from improvisation, noise, electronic music, through to jazz, rock, and classical and contemporary music, creating the senses intertwined between ‘sound’ and ‘music’.

橋本孝之 Takayuki Hashimoto - alto sax, guitar, harmonica

.esとしての活動に加え、ジャンルを縦横無尽に横断する音楽家として独自の存在感を放つ。
1969年大阪生まれ。幼少時代をインドネシア、中学時代をフィリピンで過ごす。15歳の時にギターから音楽を始める。同志社大学経済学部卒業。2009年、林聡、saraと「.es」を結成。
ソロアルバムとしては、サックスソロ『COLOURFUL』(2014年)、藤本由紀夫作のオルゴールギターソロ『Sound Drops』(2014年)、ハーモニカソロ『SIGNAL』(2016年)、『ASIA』(2017年)、『CHAT ME』(2020年)、をリリース。
2015年、kito-mizukumi rouber(キト-ミズクミロウバー)に加入。2016年、アルバム『グンジョーガクレヨン』にフィーチャーされる。2017年、内田静男とのユニット「UH(ユー)」を結成。
橋本孝之ロングインタビュー
*JazzTokyo No.234 Interviews ♯163, 2017 (剛田武 Takeshi Goda )

sara - piano, cajon, dance

5歳からクラシックピアノを始め、10代より濃厚な音楽活動を重ねる。.esの語源でもあるフラメンコ(舞踊)も30代より継続。
ノマルのマネージャー/クリエイティブ・ディレクターとしての長年の経験と、同時代を共に生きる現代アートのアーティストたちとの深い関わりから、創る力は最強のサバイバルツールであると考える。表現者を支え自らも表現する活動をミッションとする。
音楽表現/ピアノ演奏においては、自らの体験を比類なき音楽言語へと昇華。ジャンルレスな独自の音楽世界を切り拓く。

Biography

2010

2009年10月結成、12月初ライブ。2010年よりライブ活動開始


2011

7月「今村源展 VOID - 通路あるいは音として-」インスタレーション空間でコラボレーション公演

10月 美術作家 中原浩大とのコラボレーションアルバム「オトデイロヲツクル」リリース
*YouTube(Recorded live at Gallery Nomart)

12月「させぼアートプロジェクト」招聘アーティストとして美術作家 稲垣元則と共に「Night of Railway」公演

2012

3月 美術作家 藤本由紀夫とのコラボレーションアルバム「Resonance」リリース
*.es+藤本由紀夫 コラボレーションCDリリース記念特別展 at Gallery Nomart

2013

1月 PSF Recordsより3rdアルバム 「void」をリリース

4月 美術作家 稲垣元則、名和晃平との公開セッションを収録したDVD「Three Phase:Kohei Nawa+.es+Motonori Inagaki」リリース
*Three Phase:Kohei Nawa 名和晃平 + .es ドットエス + Motonori Inagaki 稲垣元則 at Gallery Nomart

5月 英音楽誌WIREコンピレーションCDへ4thアルバム「darkness」より音源提供
*darknessレビュー(text by Takeshi Goda 剛田武, JazzTokyo)

9月 静岡市美術館での美術作家 今村源個展「わた死としてのキノコ」会場にて招聘公演

10月 藤本由紀夫+.es+Gallery NomartによるSound&Artの実験的プロジェクト“ZBO”始動

2014

1月 ノイズミュージシャン美川俊治 T.Mikawaとの共演アルバム 「September 2012」(Re-records, 香港)リリース
*YouTube(Recorded live at Namba Bears)
*September 2012レビュー(text by Takeshi Goda 剛田武, JazzTokyo)

2月 橋本孝之のサックスソロアルバム「COLOURFUL - ALTO SAXOPHONE IMPROVISATION」リリース
*COLOURFULレビュー(text by Takeshi Goda 剛田武, JazzTokyo)

4月 橋本孝之オルゴールギター(藤本由紀夫作)ソロアルバム「Sound Drops」リリース
*“The Wire Magazine” FM局にてON AIR, 27 November 2014

7月 稲垣元則+DAZE(Sarry&.es)によるArt&Soundの新メディア「Sound Photograph: DAZE」リリース

2015

7月 saraのリーダーアルバム「Tinctura」リリース(共演:佐谷記世、河端一、Yung Tsubotaj、橋本孝之)

7月 2015春の3Live(酒游舘/ギャラリーノマル/七針)を収録した.esライブ盤「SENSES COMPLEX」リリース
*YouTube(“Tinctura”“SENSES COMPLEX”ダブルレコ発Live at Gallery Nomart)

2016

5月 大分県立美術館「OPAM×能勢伊勢雄 シアター・イン・ミュージアム」招聘公演

5月 .esアルバム「曖昧の海 / Ambiguity Sea」リリース

6月 橋本孝之ハーモニカソロ「SIGNAL」リリース
*SIGNALレビュー(text by Takeshi Goda 剛田武, JazzTokyo)

6月 グンジョーガクレヨン新譜「Gunjogacrayon」に橋本孝之ゲスト参加 
*Gunjogacrayonレビュー(text by Takeshi Goda 剛田武, JazzTokyo)

7月 ノイズ界の重鎮K2とのコラボレーションアルバム「K2 with .es - Blackhole」リリース(Musik Atlach)

8月 上海のノイズミュージシャン torturing nurseとのコラボカセット「torturing nurse & .es - winter」リリース(life is absurd / china)

10月 Kito-mizukumi rouber新譜(カセット)に橋本孝之参加 (No Basement Is Deep Enough, セルビア)

2017

1月 橋本孝之、内田静男とのユニット「UH(ユー)」始動

5月 橋本孝之2ndアルトサックスソロ「ASIA」リリース
*ASIAレビュー(text by Akira Saito 齋藤聡 , JazzTokyo)

5月 P.S.F. Recordsのアーティストが有志で集い未発表音源を集めたオムニバス・アルバム「Tokyo Flashback P.S.F.~Psychedelic Speed Freaks~」(SUPER FUJI DISCS)へ.es参加
*同アルバムレビュー(text by Takeshi Goda 剛田武, JazzTokyo)

2019

12月 建畠晢(詩人)とのコラボレーション・レコード「パトリック世紀」を発表


2020

12月 ソロを含む3枚のアルバムを同時リリース

橋本孝之5thソロ(フラメンコギター/ハーモニカ)「CHAT ME」リリース
*CHAT MEレビュー(text by Takeshi Goda 剛田武, JazzTokyo)

.es+林聡(laptop)「Atlas」リリース
*Atlasレビュー(text by Takeshi Goda 剛田武, JazzTokyo)

.es「カタストロフの器」リリース
*Atlasレビュー(text by Takeshi Goda 剛田武, JazzTokyo)



.es

Photo: Motonori Inagaki

.es

.es

.es

.es

Photo: sachio hata

.es

.es

.es

.es

.es

.es

Photo: Motonori Inagaki

NOMART,INC.

NOMART,INC

Gallery Nomart , home ground of .es .

SENSES COMPLEX
Nomart Edition print workshop was established in 1989,
and a design department was added five years later.

In 1999, we established Gallery Nomart, a venue for exhibiting contemporary art.
Our space is used to exhibit experimental pieces.
Later we came to be involved in the production of art, sound and design.